FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

親の問題が見えてくるんだよね。

以前,ローの授業や企画で少年院の見学に行った時にも感じたけど,
「問題行動」を起こす少年の多くは,家庭環境に恵まれていない。

もちろん,全く同じ環境にあっても(たとえば兄弟姉妹等),
特別な問題を起こさず「普通に」生活している人もいるわけで,
単純に家庭や親の問題とは言えないけれど。

そもそも何が「恵まれた家庭環境」なのかについても,
一概には言えないことだしね。

私も母子家庭の母親を14年以上やってきたわけで,
親としてどうあるべきかについては,(これでも)色々考えてきた。

特に母子家庭になった当初は,「あの子は母子家庭だから・・・」と
「世間」からいわゆる後ろ指さされないようにって,必要以上に
肩肘張っていた部分もある気がするし。

ただ,息子のことは命がけで守るって,離婚を決めると同時に決めて,
そこは全くぶれていないし,しっかり抱きしめて愛情を伝えてもきた。
だから私の息子は,母親に愛されて育ったという自覚はあると思う。

そこだけは,ちょっとした自信があるけれど,他の日常レベルの色々は,
かなり怪しい・・・あんまり「母親」っぽくないかもしれない。
こんなんで大丈夫なんだろうか。私もしっかりしなくちゃな。

・・・なんてことも考えた,少年部修習だった。

2010.01.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1397-1a64bdd8