茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
この言葉,というか,この季節が好き。

3日寒い日が続いて,その後4日暖かい日が続き,
また3日寒い日が続いて・・・と繰り返しているうちに,
やがてちゃんと,本当の春が来る。

3歩進んで2歩下がる,も似てるけど,それよりも
(私の感覚では)ニュアンス的にポジティブな感じが好き。

ありきたりなこと言わせてもらうけど(笑)人生もそうだよね。
寒い日ばかりは続かないし,寒い日が続いていると思える日々も,
そこで不平不満ばかり言ったりせず,誠実にきちんと生きていれば,
必ずまた,当たり前のように暖かい日がやってくる。

早く今年も,春になるといいね(^^)

 コメント
この記事へのコメント
続・質問です。
前回は貴重なアドバイスをありがとうございました。またお礼が遅れ申し訳ありません。

再び質問させていただきたいのですが、刑法の短答と肢別本に関してです。

バックナンバーを拝見したのですが、伊藤塾出身の方なのですね。実は私も伊藤塾本科生でした。

本題ですが、新司の短答は入門講義テキストをベースにインプットを続けても大丈夫でしょうか?私は刑法は情報シートより基礎マステキスト派でした。

新司の問題をザット見た感じでは旧司ほどの事務処理能力は求められておらずやはり判例重視だと感じました。

そこで、インプットとしては基礎マステキスト+百選にしようかと思っているんですがどうでしょうか?

次に肢別本に関してですが、下4法は過去問だけでは演習量が少ないと思うので購入しようと考えていますが、上3法についても買うべきでしょうか?

なお旧司の択一は3回受験しており、2008は44点、2009は42点といったレベルです

内容は憲法がイマイチで民法、刑法で稼ぐという感じです

アドバイスがあればお願い致します。
2010/03/10(水) 00:38 | URL | 大阪在住 #-[ 編集]
micoさん、こんばんは。

私も「三寒四温」という言葉が好きです。
あと何回、寒い日が来るんでしょうね。
春がとても楽しみです!
2010/03/10(水) 01:30 | URL | オリオン #-[ 編集]
大阪在住さん,新司の短答刑法ですが,
伊藤塾の入門講義テキストをベースにインプットを続けても大丈夫だと思います。
(というか,素材は一般的に使われているものの中で,自分に合った,
使いやすいものであれば何でもいいと思います)
そういえば去年の短答刑法は,
かなり判例を細かく知識で訊いているような問題が多かった気がしますね。
余談ながら私はパズル系をアテにしていたので,衝撃でした(苦笑)
百選をつぶすというのはいいと思います。論文対策にもなりますし。
肢別本は,私は使いませんでした。
旧司のときは,憲法の統治と民法のみ,直前期の確認に使いましたが,
インプット素材として使ったことはありません。
この辺も好みの問題だと思いますが,演習量をこなしたいのであれば,私は
肢別本よりも,商事法務から出ているタクティクスアドバンスをお勧めします。


オリオンさん,コメントありがとうございます。
ほんと,春が楽しみですね。
無条件に前向きにさせてもらえる感じも好きです。
素敵な春を迎えたいですね♪
2010/03/10(水) 21:55 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1449-2ed4840b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック