身柄事件の配点
2010/04/07(Wed)
検察修習では,修習生が(東京では3人一組で)
実際に発生した刑事事件の被疑者の取調べを行う。

今日から,身柄事件(逮捕されて身体を拘束されている被疑者の事件)の
配点が始まったんだけどね,いちばん最初に回ってきたよ。
検察修習が始まって,起案と講義続きで定時には帰る感じだったんだけど,
事件の配点を受けたら突然慌ただしくなって,緊張してきた。

刑事訴訟法上の時間制限って,今まではほんと数字だけの話で,
「いつから」とか「いつまでに」とか,全く実感なかったけど,
こうやって自分が関わることになれば,いやでも実感するね。

そんな中,今日は「座談会」というのもあったんだ。
これは要するに,全員が自己紹介をする,という会。
修習生78人と,指導係検事や事務官たち全員が,自己紹介する。

聞いているのも大変だろうな~ってちょっと心配だったんだけど,
みんなそれぞれ色んな背景を持って生きているわけで,興味深かった。
考えてみれば,2000人以上もいる修習生の中の78人だしね。
これはこれで,貴重なご縁だし,大切にしたいと思う。

この記事のURL | 司法修習 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/08 13:41  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
先に秘密コメント下さった方,ありがとう。
参考になれば幸いです。


次に秘密コメント下さった方,ありがとう。
やっぱり元々は忙しいのが性に合ってるみたいなので,大丈夫♪
とはいえ疲れをため込まないようにしなくちゃね。
健康でいることも仕事のうちだと思うから。
お互い頑張ろう!
2010/04/08 22:47  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1477-7eb47fbc

| メイン |