茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は,事件の関係者の方からお話を伺ったよ。

考えてみると,事情を訊かれる方も大変だよねえ…。
同じ話を,何度も何度も話さないといけない場合が多いし,
最後に調書を作成するから,そこでもまた今まで話した内容を,
最初から最後まで確認しなければならないわけだから。

裁判で証拠になるのは,この調書だから,
ものすごく重要なものなわけだけど,この内容の正確性を
供述者が自ら担保するのには,強い精神力が必要だと思った。

裁判の場で,調書に出ていることを「違う」と主張する人に対しては,
だったらなんで調書にサインしたの?違うなら違うと言えばよかったのに,
という疑問ないし批判が出ることもあるよね。

けど,長時間の調べの後とかだったら,いちいちチェックしたり
「そこは違います」って指摘したりする気力が残ってないってこともあるだろうな。
ちょっと違うけど,大した違いじゃないし,まあいいか,
みたいな場合もあるような気がする。
話している人が「大した違いじゃない」と思っている部分が,
実は刑事法的には大きな違いであることもあるから,こわいよね…。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1482-475cfb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック