茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
ヒアリング,今年受験する方は当然読んだと思うけど,
来年以降受験する方も,絶対に,読まなければいけないと思う。

今回のは,より具体的にどういうのが
「優秀」で,「良好」で,「一応の水準」で,「不良」なのかが
書かれているし,今後の勉強方針にかなり参考になるのでは。

ただ,再現答案からの分析には注意したほうがいいと思う。
ヒアリングの中にも触れられているけど,予備校等で優秀答案として
発表されている再現(高得点だった答案の再現)について,
必ずしもその答案の全体が「優秀」とは限らないわけだから。

新司は公法系,刑事系,民事系での点数はわかっても,
公法系なら憲法,行政法それぞれの点数はわからないし,
設問の数が多いから,どの設問で点が取れたのかも,よくわからないし。

情報には敏感に,けど過度に振り回されずに,というところかな。
私も二回試験のときは気をつけよう。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1499-ceaff037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック