茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は,検察修習のときに取り調べて,
公判請求という処分をした被告人の公判があったんだ。
今は民裁修習中だけど,同じ建物の中で行われるわけで,
やっぱり気になるから,部長裁判官のお許しを頂いて傍聴に行った。

私が書いた起訴状を公判検事が朗読し,
主任として調べた修習生が書いた調書に基づいて立証が行われた。
(もちろん,いずれも指導担当検察官の指導の下に書いたものだし,
さらに上の立場の検察官の決裁を経て,公判請求されてる)

実務についたら,単なる仕事という部分もあるのかもしれないけど,
自分の仕事が,人の人生を左右するものであるということを,
常に意識していないといけないと思った。

【2010/06/18 22:27】 | 司法修習
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック