茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は,配属先の部の書記官の方による講義があったよ。
どこの部でもやっているものなのかどうかは不明だけど,
主任書記官の方が,書記官実務について色々と教えて下さった。
部の修習生3人だけに向けた寺子屋的講義だったから,
ざっくばらんに色々質問もできて,いい勉強になったよ。

税理士事務所の事務員をしていた経験を思い出しても,
色んな手続的なことの仕事に占める割合の大きさは,
なんとなく想像できる。

私は事務手続き的な仕事も嫌いじゃないし,何でも自分で
一通りはできるようになりたいと思っているから,
今日の講義はありがたかった。
弁護修習のときに,事務員さんが色々教えて下さったのも,
すごくありがたいことだったし。

もっとも,それでも最初はわからないことだらけだよね…。
わからないことだらけだということをわかった上で,
謙虚に丁寧に仕事をしていきたいと思う。
 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/09(金) 10:47 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/09(金) 15:56 | | #[ 編集]
最初に秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
気持ちだけがあせってしまい,
空回りするかのように思える時期もあっていいと思います。
そういう自分も否定せず,前向きな気持ちを持ち続けていれば,
必ず自分の進むべき方向が見えてくるのではないでしょうか。
♪汚れたって受けとめろ 世界は自分のもんだ
構わないから その姿で 生きるべきなんだよ♪
とバンプも歌っていることですし(^^)


次に秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
ロー入試のことは,私が受験したときとはまた様子が変わっていますし,
よくわからないというのが正直なところです。
今できる最善の策は,法律試験で点数を稼ぐことができるよう,
(終わってしまった適性試験のことはひとまず置いておいて)
法律科目の勉強に集中することだと思います。
足切りがどの程度なのか,そもそも足切りラインがあるのかもわかりませんが,
受験生としては,そこを気にしても仕方がないと思います。
気になるのは当然だとは思うのですが,
そこを考えても,自分の点数が上がるわけではありません。
択一試験は,新司法試験でも7科目必須ですから,
ロー入試対策としてもやっておいて損はないと思いますよ(^^)
論文対策でカバーするというより,択一対策が論文対策になるという面もあります。
択一対策をすると,正確な知識が頭に入りますから,
結局それが論文の正確性にも反映するからです。
対策としては,商事法務から出ている「タクティクス」をやるといいかもしれません。
タクティクスには新司法試験の過去問も載っていますが,ロー入試対策としては,
それ以外の(確か★の数で区別されていたと思いますが)問題を解きつつ,
条文やご自身が使っている予備校本なり基本書なりで知識を確認するということを
地道に続けることが有効だと思います。
頑張ってくださいね!
2010/07/10(土) 21:22 | URL | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/11(日) 14:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1560-1d346eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。