茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
全く本筋とは関係ないけど。

女性が頑張っているのを見ると,励まされる。
割と近い時代まで,女性には選挙権すらなかったんだもんね。
今,一応男女が平等に社会と関わることができるのは,
数世代前の女性たちが,大変な努力を続けてきたからだと思う。
その苦労の先に,今があるということは意識していたい。

けど私は,
単純に「女性も男性と全てを対等に!」みたいな主義は持ってない。
女には女にしかできないこともあるし,逆もあると思うから。

かといって,「女性ならではの視点」みたいなことだけを
前面に押し出して仕事することにも抵抗がある。
(もちろん,大事にしたい視点の一つではあると思うけど)
そればっかり言っていたら,
男性は口をつぐまざるをえない部分もあるような気がして,
それは逆に男性に対する性差別みたいにもなりうると思うし。

今まで,女性であるがゆえに大変だったことも多いけど,
正直言って,女性だから楽だったこともあるのは否定できない。
私は女性に生まれてよかったって今は心から思えるし,
女性として,人として,優しく強く,しなやかに生きていきたい。



【2010/07/11 21:52】 | 雑談
トラックバック(0) |


ゴン
すごくいい考え方ですね
男女が対立視点から捉えるのが昨今の流行?で、何か敵みたいになってますけど、異性同士尊重しあいたいですね


mico
ゴンさん,ありがとうございます。
そうですよね。
男女がいがみあってもあまりいいことはないような気がします。
尊重し合っていけたらいいですよね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すごくいい考え方ですね
男女が対立視点から捉えるのが昨今の流行?で、何か敵みたいになってますけど、異性同士尊重しあいたいですね
2010/07/12(Mon) 22:45 | URL  | ゴン #-[ 編集]
ゴンさん,ありがとうございます。
そうですよね。
男女がいがみあってもあまりいいことはないような気がします。
尊重し合っていけたらいいですよね。
2010/07/13(Tue) 20:58 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック