東京地裁大法廷
2010/07/12(Mon)
今日は,修習先の部で,原告・被告ともに大人数の事件の
証人尋問があって,1階の大法廷で傍聴したよ。傍聴席から。
記録も並べたら数メートルの厚さになるような大事件だから,
「修習」として傍聴するというより,単なる「見学」に近かったけど(^^; 

民裁修習で思うことは,民法をしっかり勉強することの重要性。
大きな事件(何をもって「大きい」というのか私はよくわからないけど)も
当たり前かもしれないけど,拠って立つ法律は民法だったりするわけで。
しかも,民法をちょっと勉強すれば必ず学ぶような要件が問題になるわけで。

民法を制する者は司法試験を制するって,受験勉強を始めた頃に
何かで読んだことがあるけれど,民法の重要性は司法試験にとどまらないね。

この記事のURL | 司法修習 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1564-06d26eed

| メイン |