茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
昨日の午前中は,
東京家裁の後見センター(成年後見の開始等を扱う部)での修習。
午後は遺言書の検認等の審判傍聴だった。

今日と明日は,東京家裁の人事訴訟部での修習。
調停で折り合いがつかないと,裁判になるわけだけど,
人事訴訟部で扱っているのは,要するにそういう,
調停では無理だった事案ばかりなわけで。

離婚を求める訴訟が,いやというほどたくさんあって,
(修習生は,こうやって一時的に見るだけだけど,家裁のあの部では,
毎日毎日,来る日も来る日も,数えきれない離婚を扱うんだよね)
私はかつて,結婚式・披露宴を職場にしていただけに,

この夫婦だって,あんな風に多くの人たちに祝福されて結婚したんだよね

などと思ってしまい,複雑な気持ちになる。
離婚経験者の私が言うことでもないけど,今日みたいに一日中,
離婚の事件ばかり(記録と傍聴)を見ていると,世の中,
本当に仲良くうまくやっている夫婦がどの程度あるのか,
そっちがむしろ例外なんじゃないかとすら思えてくるわ(^^;
人事訴訟は離婚だけが対象ではないのに,圧倒的多数が,離婚事件だしね。

けど,以前に比べて,離婚しようというときに司法サービスを利用する人が
増えたのだとすれば,それはいいことなのかもしれないな。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1618-3dc8c1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック