茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚しているときには,子どもは両親の共同親権だけど,
離婚する時に子どもがいる場合は,親権者を決めないといけない。

私は離婚する時,法律は全く知らなかったんだけど,
図書館で借りた本とかで勉強して,強烈にインプットされた知識として,
子どもの親権をとって,自分で育てていきたいのであれば,
絶対に子どもを置いて家を出てはいけない,必ず連れて出ていくべき,
というのがあった(実際は家を出て行く形で離婚をしたわけではないけど)。

今,家庭裁判所でたくさんの事件記録を読んだり,調停を傍聴したり,
講義を聞いたりしていると,確かにそうなんだなって実感する。

法律のどこかに要件として書いてあるわけではない。
けど,例えば,母親が子どもを置いて出て行ってしまった場合に,
後になって親権が欲しいとか自分の手元で育てたいとか言っても,
現実に,子どもを置いて自分だけ出て行ったという事情は,
かなり大きなマイナス要因になっている。

 コメント
この記事へのコメント
欧米では離婚しても共同親権なんですよね。DV夫だったりしても親権の解決はかなり大変だそうです。
日本は、親による誘拐条約に加盟してないので、そんな場合でもなんとか子供を連れて帰国すれば、外人の元夫が子供を連れて帰ろうとするのも違法とみなされ逮捕されたりするようです。
2010/10/08(金) 16:19 | URL | toku #-[ 編集]
tokuさん,ハーグ条約ですね。
国際結婚も増えてるし,これからますます大きな問題になりそうですよね。
今の修習で,たまたま,アメリカ人夫と日本人妻との間で,
子どもの面接交渉についてうまいことまとまった事案を見たので考えさせられました。
うまいこといった事案だったのでよかったですけど…
2010/10/08(金) 23:26 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1622-9c579e58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。