茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は定期的に,母の通院に付き添っているのだけど,
今日はその付添いの日で,診察が終わった後,久しぶりに実家に行った。

実家は,私が3歳のときから小鳥屋さんをやっていて,
亡くなった父が特老に入った後は,
母が衣料品や雑貨(兄が経営してる会社の商品)を売る店をしてた。

けど,母も肺癌治療の予後経過観察中である他,
原因不明の病気も抱えていて,数ヶ月前にとうとう商売をやめることになった。
それで,店だったスペースも居住用に改装したので見に行ったわけ。

母は,究極の合理主義というか,現実主義というか,
昔から何でも(私が大切にしていた物であっても)どんどん勝手に捨てるし,
誤解を恐れずに言えば,冷たい部分の目立つ人だと思う。

けど,たぶん生涯暮らすであろう今日の部屋に,
およそ似つかわしくないガラスケースが1つ置いてあって,
他愛のない物をあれこれ飾ってあった。

「ガラスケース1個だけ置いといたよ。
おじいちゃん(父のこと)と商売始めるときに合羽橋で買ったんだっけ」
(やや茨城弁かな。「置いといた」は「残しておいた」「とっておいた」の意味,
~だっけ,というのは,懐かしむニュアンス。)

ああ,そうか。これは小鳥屋だったときから使ってたやつなんだ。
って思ったら,幼い頃の色んな事をたくさん思い出して寂しくなったよ。

あの場所は確かに私が幼少期を過ごした所なんだけど,私,
「実家」っていう言い方に違和感があるし,
実家というか,母が住んでいる家へはいつも「行く」って表現してしまう。

実家なら「帰る」って言うのが一般的なのだろうけど,私にとっては,
あの場所は,帰るところではないんだよね。
離婚したときに「みっともないから帰ってくんな」と言われて,
帰る場所ではなくなったんだと思う。

当時のことは,今でも思い出せばすぐに泣けるくらい悲しいけど,
もちろん,誰のことも恨んでもいないし,憎んでもいない。
きれいになった部屋を喜んでいる母を見て,よかったね♪と思ったよ。
 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/10(日) 00:13 | | #[ 編集]
秘密コメントくださった方,よろしくです。
2010/10/10(日) 23:40 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1626-3cd4a12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。