茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年審判は,非行等があった少年について処遇を決める場なんだけど,
犯罪を犯した成人を裁く場である刑事裁判の少年版だと思われがちだよね。

実際,付添い人弁護士(刑事裁判であれば弁護人に相当する立場ともいえる)が,
刑事裁判との違いをほとんど意識しないために,少年審判がうまく機能しないことも
あるみたい。(意識しないままでも,格別問題とならず終わることも多そうだけど…)

少年審判と,刑事裁判との一番の違いは,福祉的視点があるかどうかという点。
少年審判は,単に少年を裁く場ではない。その子の健全な育成,社会適応のために,
どうすることがいちばんいいのかを,関係者一同,一体となって考える場だと思う。

だから,審判の前に,調査官が1回数時間の時間をかけて少年や保護者と面接し,
その子が抱える問題を専門的な視点から分析したり,
鑑別所に入っている子どもの場合は,鑑別所でも色々な対応がなされるし,
裁判官と調査官が,その子にとって何がいいのか審判前に話し合ったりもする。
付添い人弁護士も,熱心な先生は事前に調査官や裁判官と面接する。
(私が弁護修習中にご指導頂いた先生は,そういう活動をされていた)

非行とはいえ,大人であれば「犯罪」に相当するようなことをしている以上,
刑事司法的側面ももちろん重要なのだけど,少年審判は,
本来的に,刑事裁判の法廷のような対立構造ではないんだよね。

家裁の少年部で修習していて,
付添い人として活動する時,そういうことを忘れないようにしようと思った。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1634-ccd9d602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。