FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

新司法修習の修習生は数が多いので,
研修所の収容人数の関係上,集合修習は2班に分かれて行われる。

東京や大阪といった主に大都市圏で実務修習をした修習生がA班,
主に地方の小規模庁で実務修習をした修習生がB班。

A班の集合修習は,今年で言えば8月2日~9月17日,
B班の集合修習は9月28日(27日かな?)~11月17日。
二回試験は,11月19日から。

で,二回試験との関係でどっちが有利かって話題になることがあって,
B班のほうが有利なんじゃないの?という意見を聞くことが多かった。
集合修習の緊張感,起案の感覚を維持したまま,二回試験に入るから。

けど私は,A班でよかったと思ってる。

というのは,私,集合修習に行ってからの即日起案で,
「これを二回試験でやったら即死でしょ」という大失敗をしたから。
(実務修習中も即日起案はあったけど,そういう大失敗をしたことはなく,
もしかして,していたとしても気づいてなかったのかもしれないが…)

そういう大失敗をやってみて初めて,
二回試験に落ちることって,ごく一部の上位層を除けば誰にでも,
いや,私みたいな不勉強な奴には,十分あり得ることなんだな,
って,もうやだ!ってくらいに(笑)実感したんだよね。

落ちないためにどうすればいいかを真剣に考えて対策しないといけないんだ,
ってことを,夏の間にしみじみ実感した。
その対策が,今,できているのかどうかは何とも言い難いけど,
(選択修習も,可能な期間のマックス埋まっていたし…)
少なくとも,例えば11月の起案で初めてそういう大失敗をしたとしたら,
なんていうか,立て直しようがないまま,二回試験に突入した気がするから,
早いうちにヤバさを実感できたことはよかったと思う。

あと一息,精神的にもきつい試験であることは間違いないけど,
うまくバランス取って乗り切りたい。
2010.11.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1650-75bc3e98