茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日は二回試験リベンジ組による決起集会だったよ。
幹事を引き受けて下さった同志や、参加してくれた同志に感謝です。
ありがとうございました。

メーリスにはすでに同志の3分の2以上が結集しているのだけれど、
今日の東京集会には3分の1近くが集まって、今後の勉強方針等を話し合った。

つらい体験をしたときに、傷を嘗め合う集まりなら意味はない(と私は思う)けど、
ちゃんと前を向いて、お互いのつらさを笑い飛ばせる集まりはありがたい。


…あれ?こうやって自分のつらい体験を笑い飛ばし合ったこと、過去にもあるな。

そうそう、離婚した直後だ。
前にも書いたことあるけど、私は離婚した直後、
ハローワーク経由で申し込みをする職業技術訓練校で簿記の勉強をしたの。
主に母子家庭のお母さん等を対象とした講座だったから、
クラスメイトの大半は離婚経験者(女性のみのクラス)だったわけ。

離婚なんて珍しくも何ともないけど、やっぱり個々人の体験はどれもがつらいし、
その体験のない人に話すと、変に同情されたり、曲解されたりもするし、
聞く方にも負担だと思うと、話しづらくて、気軽には話せないんだよね。
ごく親しい人であれば別だけれど。

けど、事情は異なっても「離婚」という同じ体験をした者同士は、
ほんと、自分のつらい体験を笑いながら話せたし、笑いながら聞くことも、
お互いにできたんだ。

私はあの講座を受けたおかげで簿記の資格を取ったし、
そこで出会った税理士の先生の事務所で働かせてもらうことにもなった。
弁護士を志した理由を聞かれて、「自分の離婚体験が…」という説明をするけれど、
もちろん、それだけではなく、離婚後、税理士事務所で働いた経験がなければ、
弁護士という職業を選んだかどうかは、かなりあやしい。

あのとき、同じ体験をした仲間と、お互いに笑い飛ばし合いながら、
でも前を向いて手に職をつけようと頑張ったから、今があるんだと思う。
今のことだって、近い将来、必ず同じように思う日が来る。

二回試験に落ちたからこそ、出会えた人だっている。
将来の仕事において、必ずプラスになると思う。しなくてはならない。

誰にだって色んなことがあるけれど、自分の身に起きることは、
必ずプラスの意味があるもんね(^^)
 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/27(月) 10:47 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/27(月) 11:30 | | #[ 編集]
10:47にコメント下さった方、メールさせて頂きました。


11:30にコメント下さった方、メールさせて頂きました。

2010/12/27(月) 22:58 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1677-7854efa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック