micoの超個人的勉強記録

茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

向こう三軒両隣

ってのは死語なのかな?

引っ越し先のマンションの同じフロアで挨拶回りをしたんだ、今日。
ウチを含めて10世帯が暮らしているから、9世帯に
ピンポーン♪ってして、
(連休中ということもあるかな?)応答があったのが5世帯。

うち1世帯は「あ…今ちょっと…」みたいな感じで出てきて頂けず、
インターフォン越しのご挨拶のみ。
あと4世帯の方は、みなさんすごく丁寧に応対して下さった。
けど、なんか、引越の挨拶なんて!と驚いておられるような感じだった。

そのうち3世帯は年配の方だったのだけれど
(息子を見て、ウチの孫と同じくらいだわ、みたいな)
印象的だったのは、ご挨拶にと持って行った手土産を渡そうとしたときに
「ここはこういうことはしないのよ^^;」とおっしゃる方がいたこと。
(受け取っては頂いたけど)

なんか意外だな…。
今まで住んでいた東京のマンションでは、むしろ当然の挨拶だったのに。
同フロアに住んでいる世帯の方の家族構成は全部知っていたし、
エレベーター等で会えば挨拶以上の会話も交わしたけどな…。

もしかしたら、一戸建てで暮らすのが当たり前のこの辺りで、
あえてマンションで暮らすということは、例えば近所づきあいが煩わしいとか、
別の価値観を持つ方も多いのかもしれないなと思ったよ。




▽コメント

 

引越し蕎麦なんていう言葉は死語だなv-16

俺が一人暮らしする時は親から両隣さんには挨拶をしとけ!って言われたけど
世代の違いと言うより、今の時代は「静かに放っておいてくれ」
って言うところだろうなぁ

 

ご無沙汰&遅ればせながらおめでとう。

マンションは、分譲か賃貸か、ファミリーか単身かで、
随分意識が違うと思う。

一昨年、隣の家が競売に出てたのも気付かなかった。
その後、入ってきたお隣さんが、
「王様のおやつ(ラスク)」を持って挨拶に来てくれて、
一気に「お隣はいい人だ~」という印象になった。

だから、micoさんのしたことは正しい。

 

お水さん、やっぱりそんなもんかね。
引越し蕎麦なんて、もはや「何それ??」という時代かな。
もっとも私も、引越し蕎麦を経験したことはないけどね(^^;


mameち、ありがとう。
そうだよね。色んなタイプの人がいるもんね。
そういえば前のマンションで管理組合の理事長をしてたとき、
競売にかかった物件があったけど、
やっぱり同じフロアの人でさえそのことを認識してなかったわ。
けど、ふだんはともかく、何かあったときのためにでも
せめてお顔くらいは知っていたいよね。
縁あって近くに暮らすんだもんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1686-1b6bf027

 | HOME | 

どうぞよろしく


茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


お問い合わせ


名前:
メール:
件名:
本文:


リンク


このブログをリンクに追加する


最近の記事



カテゴリー



これまでの記録



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



カレンダー


03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -