茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度受けるときには、さすがに通いで受けるのは無理なので、
ホテルを取らなければならないと思っていたんだけどね。
すでに予約したという同志の話も聞いたので、駅前のホテルに問い合わせてみた。

半年後の予約なんですけど…って言った瞬間、
「司法修習の方ですか?」ってきかれた。

一般予約は3か月前からで、会員になれば半年前から予約できるとか。
で、会員登録するのに1500円かかるというので躊躇し、
「3か月前でも取れますかね…?」ときいてみたら、
「無理ですね。みなさん半年前から取りに来ますから」って。

ほんとかよ、とちょっと思ったけど、もし取れなかったらキツイので、
1500円払って会員登録し、予約を取ったよ。安心料と思って。

まあ、まだ次の二回試験の日程も公表されていないから、
あくまで去年ベースで日程を想定しての予約だけどね。
不安な方は、早めに予約した方がいいかもしれないです。
 コメント
この記事へのコメント
コメント頂いていた方へ
お名前とメールアドレスが公開されてしまっていたので、
削除させて頂きました。
メールさせて頂いたのでご確認ください。
もし届いていなかったら、このコメント欄に書いて頂いた上で、
「管理者だけに表示を許可」のボックスにチェックを入れて「送信」してください。
よろしくお願いします。
2011/02/02(水) 23:30 | URL | mico #-[ 編集]
旧試組のときは人数が少ないから3か月前でも大丈夫ではないのかな・・・。新試組のときは人数が多いので3か月前では無理でしょうね。私は朝霞のホテルに泊まってそこからタクシーで分乗していました。まあ、さっさと予約してしまった方が安心だとは思いますね。
2011/02/02(水) 23:44 | URL | いいぜん #EGzErCEM[ 編集]
初めまして、SSSと言います。息子さんはもう少しで高校二年生になられるんでしょうか?私は今年高校を卒業します。
今は受験まっただ中なんですが、記念受験になりそうです。後悔と諦めと謝罪と開き直りともう少しで来る開放感を感じています。そんな僕は弁護士を夢見ているんですが、「大学の学歴」だけ見ればさっそく厳しい道のりになりそうです。(やはり環境が良ければそれはアドバンテージになりますもんね)
大学受験は失敗したも同然だけれどそんなことで後悔はせず中学生のころから学んでいた法律を大学で打ち込んでみようと考えています。
色々な司法試験への、あるいは弁護士に関するブログを読んでみましたが、やはり高学歴者の一部に多い、どこか押しつけがましいというか、変に頭が固い、というかそんなブログが多かったように思います。
このサイトでは、この人は賢明だ、と感じさせる文章が随所に見られて、読んでいて心が温まりました。息子さんとともに歩んでこられたからかもしれませんね。

まとまりのない文章ですが、要するにこれからも頑張ってください、というありきたりな言葉を文字数で稼いでみただけです(笑)

ありがとうございました。
2011/02/03(木) 00:48 | URL | SSS #-[ 編集]
いいぜんさん、ありがとうございます。
そうなんですよね。現行組は少ないので3か月前でも取れるのでは?と思って、
「夏の時でも無理ですか?」って念を押したんですけど…やっぱり営業されたのかな(^^;


SSSさん、初めまして。コメントありがとうございます。
受験まっただ中なのですね。それにしては弱気なところが気になります。
余計なお世話と思いつつ…息子(高校1年です)と年が近いということもあり、
お説教じみたことを書きますがお許しください…と前置きした上で(笑)
「後悔と諦めと謝罪と開き直り」の後に「開放感」なんて来るのでしょうか。
私が司法試験を受けてきた経験から想像すると、その後にあるのは絶望感だけだと思います。
「こんなんじゃ、一生受からないかもしれない…」というような。
模試のデータ等から、今年は無理かもしれないと思っておられるのかもしれませんが、
そうだとしても、合格の可能性はゼロではないはずです。
ゼロでないのなら、そこに懸けて本気でやるという精神力がなければ、大学受験はともかく、
おそらく司法試験に合格することはできないと思いますよ。
司法試験合格までの道のりは、この先長いです。
大学に入ったらすぐに、法科大学院受験に向けて勉強しなければならないでしょうし、
法科大学院に入ったら、司法試験合格とその先を見据えて勉強していかなければなりません。
司法試験に合格しても、私のように、司法修習最後にある二回試験で失敗することだってあります。
今年の大学受験は、どう考えても無理そうだと冷静に思っておられるとしても、
どうせ無理なんだから…と記念受験にするのではなく、本気で、命がけで闘ってほしいと思います。
不合格という結果が同じだったとしても、最初から諦めモードで受けるのと、
自分の限界まで頑張って受けるのとでは、来年の結果が違ってきますし、
この先の人生の全てが違ってくると思います。
あ…つい熱くなってしまいました。言葉が過ぎていたらごめんなさい。
どうか最後まで手を抜かず、頑張って下さい!
法曹を目指すのでしたらなおのこと、今も、頑張ってほしいと思います。
私も頑張ります。
2011/02/03(木) 22:16 | URL | mico #-[ 編集]
返信ありがとうございます。

諦め、というのか、言葉では上手く説明できないのですが、少なくとも「諦めて受験」という矛盾した態度では受けていません。本気で受験しています。ただ自分という者を客観的に見た時、どこがどう足りないのかが手に取るように分かるんです。だから結果が予測できますが、と言い換えることが出来ると思います。自分の中でまだしっくり来ませんが。

変に静観するというのかこうなればこうでしょ?という見方をしがちな性格なのだろうと思います。こんな勉強してたらこんくらいの点数を取る。合格最低点と照らし合わせるとこんくらい足りない、うーん厳しいなあ、という感じです。

なので落ちることを前提として受けてはいないので心配なさらずに(笑)とは言っても司法試験を合格された方から見ればそれでも十分、後ろ向きだろうとは承知しています。

最後まで頑張ります。次の開放感とはその延長線上です。どのような結果が待っていても、どこかのキャンパスに自分がいることは決定しています。そういう意味では次の生活が待っていることも普通です。受験思考では追いつかない現実がこれから待っている中で「気持ちを切り替えなければならない」という気持ちがあります。正確に言うと「切り替えることが出来る」

言葉が悪かったかもしれませんが、そういう意味で開放感という言葉を使いました。これも後ろ向きでしょうか?(笑)自分では分からないんですけどね。

僕に足りなかったのは、自分の持つ目標から逆算して、今何をすべかというビジョンが不明確であったこと、言い訳をしていたこと、です。それを大学では直し、自分の持つ、理想の、そうあるべき弁護士像に向かって頑張っていきたいと思っています。
2011/02/04(金) 02:57 | URL | SSS #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/05(土) 02:56 | | #[ 編集]
SSSさん、前向きな受験であることがわかり、安心しました。
ちょっと誤解していたのですが、
今年第一志望ではない大学であったとしても、
浪人はせずに入学するということなのですね?
そうだとしたら、少なくとも大学受験からは解放されますから、
当然、開放感はあることと思いますし、それも大事なことだと思います。
それに、もし第一志望の大学ではないところに入学したとしても、
法科大学院受験、司法試験受験との関係では全く問題ありません。
確かに実績のあるところにいると環境に恵まれるというメリットはあますが、
結局は本人次第です。どういう環境にいても合格する人は合格するし、
そうでない人はどれだけ恵まれた環境にあっても合格しない、
ただそれだけのことだと思います。
SSSさんは、大学受験について冷静に分析しておられますから、
今回の体験は、今後の法科大学院受験、司法試験受験にも、
必ず大きなプラスになると思います。
頑張って下さいね!
私もまだまだ足りないことばかりですが、頑張ります。


秘密コメントくださった方、ありがとうございます。
そのように購入できるとは知りませんでした。
ありがとうございます。
半年以上遅れてしまいましたが、これも必要な時間だったと考えて、
前向きに頑張ります。
これからもよろしくお願いします。
2011/02/06(日) 20:36 | URL | mico #-[ 編集]
SSSさん、一部脱字がありました。ごめんなさい…。
2011/02/06(日) 20:38 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1699-188c2b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。