GNH
2011/02/20(Sun)
43年間、つまり私が生まれた頃からずっと
世界第2位だったGDPが、中国に抜かれて3位になったんだよね。

そのニュース関連で、GNHという指標を紹介しているのを見た。
ブータン国王が提唱したものらしいけど。
ブータンは、GDPは世界で140位だそうだけど、
インタビューに答えた国民は、一様に「幸せです」と答えていた。
(もちろん、話の流れ的にそういう映像しか流せないにせよ)

日本でこれを調査したらどんなだろうね。
なんとなく日本は、「私は幸せです」って言いにくい空気がある気がする。

「最近どう?」って聞かれて「まあ、ぼちぼち」みたいな答えをする人は
多いような気がするし、「幸せそうだね」と言われて全面的に肯定する人は
少ないような気がする。

けど、結婚式では、思いっきり「幸せです」が披露されるよね。
だから私は、結婚式、披露宴が大好き。
幸せそうな二人や、ご親族や、友人たちの空気の中にいる時間が嬉しい。

昨日、友人の結婚式と披露宴に出席させて頂いて、改めてそう思ったよ。
お招き頂いて、本当にありがとう。

この記事のURL | 雑談 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
>世界第2位だったGDPが、中国に抜かれて3位になったんだよね

そうですがこれにはカラクリがあります。国連の方で計算方法を定めているらしいですが各国の「自己申請」ですので「嘘でも良い」わけです当然。

もっと言うと中国政府主導のもと経済的に成長することを是とされてきましたので「地方官僚が中央のご機嫌を取るために各基礎データの改ざん」だってするわけです。そういう中央と地方の癒着=政治腐敗は有名ですよね。嘘をつける制度、そしてその動機があるのでかなり怪しいです。


日本人は今まで共同体(=村)で生活してきました。生きる知恵も扱いも皆平等でありながらそれを統率する長は尊敬と畏敬の存在だっただろうと思います。他人より、ではなく集団としてどう行動するか、が日本には根付いているのでしょう。

「幸せ」という言葉は日本に合いません。それ以外に自分の状態を形容する言葉はいくらでもあるし「幸せ」とは何か楽観的な、漠然とした言葉であり過ぎる。「幸せ」とは何かを捨象(見ないことにする)した結果の言葉だと思います。

結婚って見るの良いですよね。それは「幸せ」ではなくみんながみんなの肯定してくれている気持ちで満たされていっている空間があるからだと思います。その場にいる、参加するのが好きだと仰いましたが、みんながみんなを肯定しているからこそそんなことを感じるのかも知れませんね。

2011/02/21 09:13  | URL | SSS #-[ 編集] ▲ top
-  -
Gross Net Happiness、いい言葉ですね。
私は好きです。TNP(低燃費)も好きですが。
「幸せ」はとっても主観的な概念だと思うので、いつも「幸せ」な自分であることに心の中で感謝しています(やっぱり、人前では憚られるので…)。
すると不思議なことに、みんなにやさしくなれて、やさしさには高確率でやさしさが返ってきて、「幸せ」の好循環が生まれます。
ちっちゃなことから、GNHはupするのかもしれませんね。
2011/02/21 19:47  | URL | くろねこのごんた #-[ 編集] ▲ top
- たびたびすみません。 -
GNHは、Gross National Happinessでした。
お恥ずかしい限りですm(_ _)m。
2011/02/21 20:32  | URL | くろねこのごんた #-[ 編集] ▲ top
-  -
SSSさん、ありがとうございます。
そうですね。そういう恣意性や操作性を含めたとしても、
こういうデータになるということには意味があると思います。
これまでも同じ前提であったにもかかわらず、
中国が日本を抜くことはなかったわけですから。
「幸せ」という言葉は日本には合いませんか??
「辛い」の上に一つ加えて「幸せ」になるというのは、
何とも日本的だと私は思います(^^)


くろねこのごんたさん、ありがとう。
TNP、笑えるよね。
やっぱり誰がなんと言おうと、
自分が「幸せだな」って思えていたら、その人は幸せに決まってるよね。
幸せの好循環、素敵だね。
私もそういう好循環を生み出せる存在でありたいです♪
2011/02/21 23:15  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1709-c1d7570b

| メイン |