茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

正直者が…

正直者が馬鹿を見る、ような社会であってほしくないと思う。

主婦の年金救済策、一切払ってこなかった人が、2年分だけ払えば
例えば30年間まじめに払ってきた人と同じ額の年金を受け取れる、
ということだもんね。さすがに不公平感は否めないよね。

確かに年金の仕組みはわかりにくい上に、
20歳までの間に、それを教えてもらう機会もないから、
自分が何号被保険者になるのかとか意識することなど全くなく、
「知っていたらちゃんと払ったのに…」という人もいると思う。
だから、そういう人たちも何らかの形で救済されてほしいとは思う。

けど、今の不公平論で対比される、きちんと年金保険料を納めてきた主婦は、
何らかのきっかけで「これからは私も納めないといけないんだわ」と知って、
支払ってきたわけでしょ。勉強熱心だったともいえるんだよね。
そりゃあその立場だったら、何か、すっきりしない感じは残るだろうなあ。

コメント
この問題、先日テレビで解説してましたが、要するに払った分(期間)に比例して年金を支給すれば多くの人が納得するのですが、そのためには法改正が必要で、それが今の国会で通るわけがないという(苦笑)前提があり、法改正を経ずに役所内部の通達でできる範囲で対応しようとすると、「2年払えば良し」ということになってしまうらしいのですね。ご存知かもしれませんが、念のため、情報提供です。
2011/03/01(火) 08:21 | URL | おおすぎ #-[ 編集]
税金って何のためにあるんでしょう?「自分のため」ですか?ならば「不公平」でしょうね。しかし、税金とはそのためにあるのではありません。政府が集めて、それを資金に「公的サービス」をする。それが税金です。

つまり知ってる知らないは今回問題ではありません。制度が運営できるかどうかという視点です。


ただみんなが払ってるんだから「払わないまま」制度が進行するのは問題です。だから払ってということ。その統一された動きが制度の運営上大事なのであって、「額」ではないはずです。
もしそれに拘るのならそれは税金の本質を知らないということだと思います。

みんなが払うようになればそれでいい。それ以外のじゃあ今までの私のお金が、、、と言っているのであればとっとと海外に行けばいいのです。「平等に苦しい環境に案内してくれる」と思います。

もちろん気持ちはわかりますが、払っているからと言ってあんまり図に乗っている人は私はあんまり好きませんねぇ。。。

ちなにみ払われてたんですか??
2011/03/01(火) 16:35 | URL | SSS #-[ 編集]
おおすぎ先生、ありがとうございます。
なるほど、そういう裏話?もあったのですね。知りませんでした。
今の政権も虫の息といったところでしょうか…。
ところで全く関係ないですが、先日某高校時代からの親友と、彼女が卒業する頃
おおすぎ先生といっしょに飲みたいねぇ♪などと話しました。
そのときはよろしくお願いします(笑)


SSSさん、そうですかねえ。
そんな単純な話でもないと思いますが(^^;
私は国民年金保険制度に言うところの主婦ではないですし、
今回の問題とは全く無関係に生きています。
2011/03/01(火) 23:13 | URL | mico #-[ 編集]
??

単純な話ではない、のであればその面の説明をしていただきたいんですが、、、。
ここは所詮コメント、全部を語ろうとすると相手に伝わらないですからね。一生懸命書いたので、あんまり単純だとか何だとかで片付けてほしくないとは思います。

もちろん僕が書いたことは一面に過ぎませんが、本質はそうです。「税金」は「個人」のためにあるのではありません。それなら国営の保険会社なんかを造れば事足りることです。

それに、、、そういう視点で事を言うならば、この問題で「関係のない人」は誰一人とていません。なんらかの税を払っている人全てに言えるはずです。だからそこに不平不満を言うならまず税とは何かを語ってみろ、と私はいつも思うのです。

2011/03/01(火) 23:57 | URL | SSS #-[ 編集]
SSSさん、ごめんなさい。
一生懸命書いて頂いたことを、軽く片付けるようなつもりはもちろんありません。
読み流したりせず、きちんと読ませて頂いていますし、何度も読んで、
書いて頂いたことについて、考えさせられもしているので、感謝しています。
ただおっしゃる通り、ここは所詮コメントですし、所詮、私の個人的な日記です。
私はここで議論をするつもりはないので
(私は顔の見えない場での匿名の議論を好みません)
これ以上のコメントは差し控えます。ごめんなさい。
2011/03/02(水) 21:08 | URL | mico #-[ 編集]
いや~不公平でしょう。

多くの人にかかわる国の制度なんだから,できる限り公平な取り扱いが要求されるのは当然だし,

こんな救済策を講じたら,むしろ,今までまじめに支払ってきた人たちが怒って,制度運営の維持に対して悪影響を及ぼしそう。
2011/03/03(木) 00:16 | URL | りお #-[ 編集]
(いきなり空気読まずに書きます) その件、承知です。楽しみにしてます。
2011/03/03(木) 13:53 | URL | おおすぎ #-[ 編集]
りおちゃん、そうなんだよね。
結局法改正で対応するとかいう話にもなってるみたいだけど、
なんか、あっちから文句が出ればふたをし、
こっちから文句言われたらふたをして…みたいな対応見てると、
制度の本質を考えないのかな~って情けなくなるよね。


おおすぎ先生、ありがとうございます。
いやあ、楽しみが増えました。
弁護士としてお会いできるように頑張ります♪
2011/03/03(木) 22:19 | URL | mico #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
どうぞよろしく

茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
カテゴリー
これまでの記録
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30