司法試験の問題は
2011/03/03(Thu)
最近、新司法試験の問題を改めて見直す機会があって、
久しぶりに問題と、出題趣旨やヒアリングを読み返したのだけど…
いやあ(私なんかに言われたくないでしょうが)よくできているねえ。

基本を答えさせようとしているということや、
変な誤解をしないように色んな誘導をして工夫をしていることなど、
受験生だったときにはよくわからなかったことが、少しだけわかる。

と同時に、特に訴訟法の問題は、修習を終えた今でこそ、
やっとある程度、具体的イメージを持ってわかるものの、
実務に触れる機会のない受験生が答えるには難しいよなあ、
と思う部分もある。

ヒアリングとかを読んでいると、このくらい当然気づくでしょう、
というニュアンスを感じることもあるんだけど、
いや、受験生のときには(その部分の知識があったとしても)気づきませんよ、
と思ったりする。

実務に就いて何年か経ったら、当たり前になるであろうことも、
今はまだ、新鮮にとらえることができる。
思いがけずにでき(てしまっ)た、
修習は終えたものの実務家ではない今という時間。
ある意味、貴重な時間なのだから、プラスの面を大切にしようと思う。
この記事のURL | 司法試験 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/06 23:22  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
秘密コメント下さった方、
訴訟法について、修習を終えて気づくことというのは、
司法試験に合格するという観点からは、全く必要ないことですので、
ご心配なさらないでくださいね(^^)
例えば、裁判官と修習生の会話や、弁護士と若手弁護士との会話等が、
問題文に長々と書かれていることがありますよね。
私は受験生のとき、あの問題文で修習生が当たり前に答えていることが、
ぴんと来ませんでした。修習生はこんなこと普通に答えるのか…と凹みました。
が、修習を終えた今なら、
あの修習生と同じような会話をすることが普通にできると思うのです。
そういう、本当に実務上の手続き的なことをイメージできるようになった、
というレベルの話です(^^;
過去問は、本当に何度解いても新しい発見がありますよね。
受験生は、その発見をする度に、合格に近づいていると思っていいと思います。
過去問を大切に勉強されているのですから、
着実に、確実に合格に近づいています。
ブログに何度も書いているかもしれませんが、私は
本試験会場の休み時間にも、前年の過去問のヒアリングを読んでいました。
司法試験委員が要求していることは何なのか、
それにどう応えればいいのか、そこを意識できるかどうかは、合否を左右します。
法律知識や、論述能力が同じだとしても、
「問いに答える」ことを意識しているかどうかで合否が分かれると私は思います。
頑張ってください!
2011/03/10 22:33  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/23 15:37  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1717-2f492f15

| メイン |