FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

最近、新司法試験の問題を改めて見直す機会があって、
久しぶりに問題と、出題趣旨やヒアリングを読み返したのだけど…
いやあ(私なんかに言われたくないでしょうが)よくできているねえ。

基本を答えさせようとしているということや、
変な誤解をしないように色んな誘導をして工夫をしていることなど、
受験生だったときにはよくわからなかったことが、少しだけわかる。

と同時に、特に訴訟法の問題は、修習を終えた今でこそ、
やっとある程度、具体的イメージを持ってわかるものの、
実務に触れる機会のない受験生が答えるには難しいよなあ、
と思う部分もある。

ヒアリングとかを読んでいると、このくらい当然気づくでしょう、
というニュアンスを感じることもあるんだけど、
いや、受験生のときには(その部分の知識があったとしても)気づきませんよ、
と思ったりする。

実務に就いて何年か経ったら、当たり前になるであろうことも、
今はまだ、新鮮にとらえることができる。
思いがけずにでき(てしまっ)た、
修習は終えたものの実務家ではない今という時間。
ある意味、貴重な時間なのだから、プラスの面を大切にしようと思う。
2011.03.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1717-2f492f15