借金1つ完済しました
2011/04/05(Tue)
法科大学院に入学するとき、資金が足りず、
女性福祉資金というのを借りた

その後、ローに入学して行政法の勉強をするうちに、
借りたときのちょっぴりつらかった気持ちを思い出し、
卒業後には、ちゃんと返すからね、と宣言した

総額39万円。たかが…と思われるかもしれないけど、私には当時、
そのお金を調達する術が、他にはなかったの。
返済計画では、来月末が最後だったのだけど、残りは3万円だったので、
新年度になって払込票が送られてきたのを契機に今日、全額返した。

いわゆる社会的に弱い立場にある人を対象にした福祉資金だし、
返済されないことも多いらしく、本当に何度もいやな思い(というと語弊はあるが)
をしてきた。ちゃんと返してくれるんだろうねえ、といつも疑われているようで。

ここに引っ越してきたばかりのときも、払込票が引越しの荷物にまぎれて見つからず、
期日を数日過ぎてしまったことがあったのだけど、もう、すぐ、電話かかってきたし(^^;
私が毎月着々と返済してきたことは記録上明らかだから、さすがにこのときは、
「手違いだとは思いますが…」みたいな低姿勢の連絡だったけど。

今日、無事に全額返済することができて、すごくほっとした。
いやな思いをしたとか書いたけど、私はこれがなければ法科大学院に入学できなかったし、
入学できなければ、司法試験に合格することもなかった。
だから、すごく、すごく感謝してる。
財源はもともとは税金なんだし、それは全ての国民によって支出されたもの。
だから私は、この国の全ての人に感謝しなければならないと思う。
ちゃんと弁護士になって、少しでもご恩返しをします。



この記事のURL | 法科大学院 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/06 16:31  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
そういう視点は大切ですよね。
私はお金に不自由なく生活をさせてもらいました。親に感謝です。
その両親は公務員ですので給料はやはり税金なんですね。

私もみんなに感謝です。
2011/04/06 19:24  | URL | SSS #-[ 編集] ▲ top
-  -
39万円を借りるだけで済んだというのは立派です!
わたしの知り合いの社会人からローに行った人は全員奨学金を100万以上は借りてます。授業料は貯金で払えたとしても仕事ができないから生活費のために借りざるえない感じです。
夜間ローに行っても仕事と受験勉強の両立が難しいようで専業受験生になってる友人も多いです。
やっぱりロースクールと仕事の両立は難しいもんですかね?
ほんとに過酷な試験だなと思います。
2011/04/06 22:21  | URL | たまねぎ #-[ 編集] ▲ top
-  -
秘密コメント下さった方、
安易なことを言うつもりもないのですが、今年は合格しましょう。
そういう切羽詰まった状況をポジティブにとらえ、力に変えるのです!
私も今の「おいてきぼり感」ったら半端ないですよ。
なんせ95%以上の同期が受かった試験に落ちたんですからね。
それに、今度失敗したら、息子と二人で路頭に迷うことになります。
…なんて、不幸自慢みたいになってしまいましたが(^^;
なんとか気持ちを明るく持って頑張りましょう!
必ず合格されることを信じ、応援しています。


SSSさん、ありがとう。
お金に不自由しない暮らしというのはありがたいですよね。
当たり前のようで、実はそうではないですし。
感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。


たまねぎさん、いやいや、借金「1つ」返しただけです(^^;
私も日本学生機構からも借りていますから、まだ百万単位の借金があります。
入学前に用意する必要があったため、日本学生機構は使えなかったので
福祉資金から借り、その上限額が39万円だったというだけで…。
私も生活費をまかなうために、日本学生機構からも枠一杯に増額して借りました。
ロースクールと仕事の両立は、やはり難しいと思います。
私の同期に、夜間ローに仕事をしながら通って合格された方もいますので、
不可能ではないと思いますが、職場等の理解も必要ですし。
ほんと、社会人経験者は特に、参入しづらいですよね。
2011/04/06 23:12  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1740-0132762f

| メイン |