茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
記憶している最初の黙祷は、小学3年生のとき。
同級生のお兄さん(当時小学5年生)が交通事故で亡くなり、
朝礼で全校児童が黙祷をささげた。
よく理解できないまま、ただ目を閉じていた気がする。

今日は全国各地で黙祷がささげられ、ふと
この習慣の由来は何だろう、と思って検索してみた。
日本で広まったのは、奇しくも関東大震災がきっかけらしい。

今回の震災で、どれほどの方が犠牲になったのか、私には
想像しきれない。
人数を表す数値を示され、お名前や年齢が報道に出ることもあり、
そこから瞬時に想像し得ることはあるけれど、人一人の命、
そんな単純なわけないもんね。

抽象的に祈ることしかできないけれど、
全ての魂が安らかにあってほしいと心から願う。

【2011/04/11 20:25】 | 雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック