茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
夕方、いつものように自宅マンションに帰ったら、
玄関ホールで幼い女の子が「ママ~~!!」と号泣する声が。
あらら、ママに怒られちゃったかな、と思い
(当然ママはすぐ近くにいると思った)通り過ぎようとしたが…

あれ??ママの声がしない。まさか一人?

郵便ポストをチェックするのをやめて泣き声のする方へ行ってみたら、
幼稚園のジャージ姿の女の子が一人で号泣しているではないか。

でもオートロック内のエレベーター前だったから、
このマンションに住んでいる子なんだろうと思い、
「どうしたの?おうちここ?」などと話しかけ、
その子が住んでいるらしい階に一緒に行ってみることに。

その子の家の前には、その子のママが、すごく普通にいた。

出がけにママの携帯に電話がかかってきて、ママが電話に夢中になってる間、
娘は一人でエレベーターで1階まで降りてしまったということらしかった。

ああ…思い出した。私にも同じような経験がある。
幼い頃、母が何も言わず、近所に買い物に行ってしまったこと。
今日の女の子と同じように、「ママ~~」と泣き叫んだ自分。

ママは全然、意に介していないようだったけど、娘にとっての恐怖は
本当に計り知れない。短い時間のことだけど、本当に怖いんだよね、幼いから。

それに、そもそも危ないじゃないか。
声をかけたのが私みたいな善良な市民(笑)だったからよかったものの、
変な人に連れて行かれたらどうするんだ…
ほんと、子どもから目を離さないでほしいと思う。

 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1752-664c35b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック