茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

二回試験が終わってからの数日、
主に家事と寝ると飲み会と開業準備(の準備)で過ぎたわけだけど。

今日は思いついて東京地裁に裁判傍聴に行ってみた。
修習中通い慣れた階段を上がった地裁玄関前で、
いわゆる「東電OL事件」の支援者の方たちがビラ配りと街頭演説をしていたの。

先日のDNA鑑定のニュース以降、支える会のHPを読んだりしていたので、
思わず立ち止まって見たところ、ちょうど、ブログにも何度も何度も書いている
布川事件の被告人だった桜井さんが、応援の演説をしているところだった。

みなさんの演説が終わった後、場を撤収する直前に、
思い切って桜井さんにご挨拶させて頂いたよ。

二回試験が終わってやれやれ、というこのタイミングで、
たまたま行った、しかも布川事件とは直接関係のない東京地裁前で、
桜井さんご本人とお話しできたことは、(勝手ながら)運命的なものを感じたな。
そもそも私が弁護士という道を選択するときに動機付けの一つになった事件だからね。

2011.08.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1811-65433a0a