micoの超個人的勉強記録

茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

当然、反対です。

司法修習生の給費制打ち切り

色んなところで、色んな方が書いておられるので、私ごときが
出る幕でもないけれど、ほんと、ありえないと思う。

司法試験は今や、
基本的には法科大学院を卒業しなければ受けることすらできず、
そのために既に数百万円単位の借金をしている学生はたくさんいる。私もそう。

にもかかわらず、
司法試験自体、卒業してから2か月近くたってから行われ、
合格発表は卒業後の9月、順調にいっても修習生になるのは
法科大学院を卒業してから8か月ほども過ぎてからなわけで。
その間はアルバイトをする人が多いものの、稼げる額などたかが知れている。

そこへ来て、司法修習に行って1年間、無給って…。
兼業禁止なのでアルバイトもできないし。
どうやって生きていけというのだろう。
しかも、(私みたいに)二回試験に失敗して資格取得が遅れることだってあるし、
無事に修習を終えても、就職したいのにできない人もいる。
即独する踏ん切りがつかずに登録もしないでいる人もいる。

結局、親のスネをかじることが許されるとか、借金のアテがあるとか、
たくさん貯金をしていて数年は無収入でも大丈夫だとか、そういう
ある意味の恵まれた人でないと、なかなかこの道を選べなくなるではないか。
少なくとも、いったん社会人になってから司法試験を目指すことは、
かなりの勇気を要する選択であることは間違いない。

自分が食べてもいかれなかったら、人権とか社会正義とか言ってられないでしょ。
経済的に豊かな暮らしをしたいと思ってこの職業を選ぶ人は最早あまりいないだろうけど、
最低限の生活すらできないのであれば、どんなに徳のある人でもやっていけないと思う。

そういうわけで反対です。



▽コメント

 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

秘密コメント下さった方、ありがとうございます。
そうなんですよね。
結局それで、バイト先は司法試験関係に限られがちですし…。
新65期で修習に行く人たちは、法科大学院に入る当初の予定では、
おそらく修習生になれば給料も入るという前提だったと思うんです。
色々考えると、ほんと、やりきれないです。
それから、社会人の参入が厳しくなるのは本当に大きな損失ですよね。
法科大学院ができた頃は、社会人経験の中で、
法律知識や弁護士の必要性を感じ、
方向転換をした人もそれなりの数がいたと思うのですが、
今の条件なら踏み切れないという人もいるかと思うと、
本当に残念に思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1813-3fbe3383

 | HOME | 

どうぞよろしく


茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


お問い合わせ


名前:
メール:
件名:
本文:


リンク


このブログをリンクに追加する


最近の記事



カテゴリー



これまでの記録



最近のコメント



ブログ内検索



RSSフィード



カレンダー


03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -