茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

平和的利用などありえたのか

と、思わざるを得ない。

今年の原爆の日は、少しマスコミ等の論調も違ったね。
世の中の関心が、福島の事故に向いているからだと思うけど。

原爆が投下されて、戦争が終わって、
原子力の平和的利用ということが声高に言われた時代があって、
私なんかもちろん生まれてもいないし、想像するにすぎないけれど。

なんていうか、そこに希望を見出したと思うんだよね。
見出したかったというか、受け入れがたい過去の現実を
何とかしてプラスに転化したかったんじゃないかと思うんだ、国民は。
そこにうまく乗ったんだろうね、平和的利用とか、安全神話は。

今日は地元で開かれた勉強会に参加して、帰ったら
息子の小学校の担任だった先生からお手紙が来ていた。
「子どもたちを放射能から守れ 福島のたたかい」
(リンク先は音が出ます)
その先生が作られたドキュメンタリーのショートバージョン。
コメント
原発だけではないですが、利権が絡めば黒も白になるものです。原発なんて使う利点など何一つ無いのにまだ屁理屈をこねている^^;
ちなみにこれは犯罪です。かと言って僕は刑法という考え自体が誤っていると思っているので、やっぱりみんなで「事実」を知っていくことから、まずははじめて生きたいなと思っています^^
2011/08/16(火) 12:10 | URL | SSS #-[ 編集]
SSSさん、
「原発なんて使う利点など何一つ無い」という点、私も
直感的にはかなり以前からそう思っているのですが、
自分の知っている視点に足りない部分があると思うので、
なかなかそう言い切ることができずにいます。
断言できるSSSさんはすごいです。
みんなが共有できる「事実」、「情報」が少なすぎなんですよね。
2011/08/16(火) 22:45 | URL | mico #-[ 編集]
僕の大切な人たちが、東京にいます。もちろん関東圏の人たち、と範囲を広げれば、その人たちの中にmicoさんとその息子さんも含まれます。そういった人たちのイメージが、あの三月十一日のあの瞬間、過ぎりました。だから必死で原発のことについて勉強をしました。法律も絡むことですしね。

そしてぶち当たった現実は絶望的なモノでした。

関東圏はもう、住めたものではないということがわかりきった事実であると分かったことです。このことについては息子さんを守りたいという気持ちがおありならmicoさん自身でお調べになればと想います。

そして政府や電力会社に強い怒りを感じました。そしてそれを自分は知らなかった。無理もないことなのかもしれないですが、「知らぬことは罪」です。

みんなが共有できる事実はそこらへんに散乱しています。それを我々が見ていないだけです。

それを私は見つめてきました。だから断言できるのです。

ここは「そういうことを言う場」ではないそうなので、具体的には申せませんが、micoさんが本当に原発のことで大切な人を守りたいのなら自ずから事実は見えてくると想います。

そうやって動き出している人は私の周りも含め、少しずつ増えています。

micoさんとその息子さん、そしてmicoさんが想う大切な人たちに放射能の悪夢が少しでも届かないことを願っています。
2011/08/17(水) 11:49 | URL | SSS #-[ 編集]
SSSさん、ありがとう。
共有できる事実がいくらでも転がっていることは、もちろんわかってます。
私が言いたかったのは、積極的に求めないと入ってこない状態の中、
多くの国民が「騙され」「ごまかされている」という現実です。
その絶望的な現実も、知りうる範囲ではわかっています。
(当然、色々調べてますよ。ブログには書きませんが。
そういう目的のブログではないので^^)
具体的にどういう行動を取れるのかは、
置かれた立場によって変わってきますが、今の流れが
一時的なものにならないといいなと思っています。
2011/08/17(水) 22:06 | URL | mico #-[ 編集]
はい^^まさにそのような意図なんだろうな想いました。

そして私もmicoさんと同じように感じています。

そしてmicoさんは少々形にこだわりすぎているような気もします。

さて、それもmicoさんの見る現実によって変わってくると想います。

それでは。
2011/08/17(水) 23:19 | URL | SSS #-[ 編集]
SSSさん、どうもです。
2011/08/18(木) 23:23 | URL | mico #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
どうぞよろしく

茨城県牛久市の弁護士小室光子です。
(茨城県弁護士会所属)

弁護士法人こむろ法律事務所
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-13-19
電話:029-875-8462
FAX:029-875-8463

ご連絡は下記「お問い合わせ」からも受け付けております。

交通事故等の一般民事事件はもちろん,家事事件,外国人の方からのご相談,刑事事件にも力を入れています。

相談料は,1回5,400円です(消費税込。1回30分が目安となりますが,30分を過ぎても追加料金は頂きません)。
資力に不安のある方には,民事法律扶助(一定の資力要件を満たせば,相談料が無料になる等の援助制度です。)をご案内していますのでお申し出ください。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
カテゴリー
これまでの記録
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -