茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今日,水戸で開催されたよ。私もお手伝いさせてもらってきた。

被災された方から直接お話を伺うのは初めてだったのだけど,
やっぱり,当事者でなければわからない思いというものがあるんだよね。

それはこの問題に限った事ではないけれど。
このブログにも何度か書いたけど,
人が自分で体験できることには限りがあるわけで,そうでないことは,
想像するしかない。

実際に体験した人にしかわからない思いがあるのだということを,
私たちはみんな,忘れてはいけないと思う。

東電で毎日,被災された方からの問い合わせ等に対応する窓口の方は
本当に大変だろうなとは思うけど,ちょっとした言葉や口調が,
当事者である被災者の気持ちを傷つけることがあるということを,
今一度意識してほしいな。

【2011/10/16 23:18】 | お仕事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック