茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
当たり前だけど弁護士は,日常的に「法律相談」を受ける。
色んな分野の相談があるけれど,お話をうかがっている間に,
相談に来て下さった方が涙を流す場面も多々あるんだよね。

相談に来て下さる段階では,通常,ある程度冷静になっているとは思う。
(本当に最悪のときには,相談に行く気力すらわかないから。)
それでも,無意識のうちに涙が流れてしまうわけで。

そういうときいつも思う。
これまで一人でどれほどの涙を流してこられたのだろう…って。
その瞬間,本当に私もつらい気持ちになる。

過去にこのブログにも何度も書いていると思うけど,私は,
そういう方の気持ちに寄り添いたくて弁護士になろうと思い,
そして今,弁護士として仕事をしている。

現実には,思い描いたような仕事ができているとはとても思えないけれど,
(ただ話を聞くだけなら,弁護士でなくてもいいんだから。)
どうして弁護士になろうと思ったのかを忘れず,
プロとして最善の対処ができるよう,先輩の指導を仰いだり
自ら勉強したりすることを怠らず,地道に仕事をしていこうと思う。

【2011/12/28 23:08】 | お仕事
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



mico
秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
いよいよスタートですね。
日常業務の中で,自分自身が限界に近くなったとき等,
初心を忘れそうになることもあるかと思います。
でも,そんなときこそ,一呼吸おいて原点に帰るようにしたいですね。
お互いこれからも頑張りましょう!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/29(Thu) 21:48 |   |  #[ 編集]
秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
いよいよスタートですね。
日常業務の中で,自分自身が限界に近くなったとき等,
初心を忘れそうになることもあるかと思います。
でも,そんなときこそ,一呼吸おいて原点に帰るようにしたいですね。
お互いこれからも頑張りましょう!
2011/12/29(Thu) 23:38 | URL  | mico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック