茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
江戸時代の駆け込み寺と言えば,
当時,女性側から離婚を求めるための場所だったんだよね。

弁護士になってから,お客様に,
「駆け込めるところがあってよかったです」とか,
「また何かあったら駆け込ませてもらいます」とか,
「近所なので駆け込んできました」と言って頂くことがある。

特に最近は,通りかかって事務所があることを知った,
というお客様も相談に来て下さるようになって,
「いざというときに駆け込める場所」
という役割を,ほんの少しだけど実現できてきたのかな。
(もちろん,離婚以外の相談も受けています。刑事もやってます。)

私はもともと,もっと気軽に弁護士に相談できたらいいのに…
という思いがあって,30歳を過ぎてから弁護士を志したわけで,
それが少しでも形になりつつあることを幸せに思う。

とはいえ,相談料は頂いていますm(_ _)m
(1回5000円です。
資力要件はありますが,民事法律扶助をご利用頂くと無料です。)
 コメント
この記事へのコメント
良き駆け込み寺は重要です
「私はもともと,もっと気軽に弁護士に相談できたらいいのに…という思いがあって」
→すばらしい思いだと思います。
WTO体制下において、相互主義の原則の下、欧米のビッグファームや巨大会計事務所(会計事務所はロイヤーもビッグファームに優るとも劣らない位抱えている)に全部持っていかれないように、日本も司法の民主化の流れがあり、弁護士数増加、裁判員裁判開始、実務能力重視の法科大学院開設などを行いました。
 同じくWTOに加盟する韓国や中国等でも弁護士増加その他司法の民主化の動きが見られます。
 今は未だ目立ちませんが、テレビ、パソコン、携帯、車などの販売を外国と競うように、将来、外人弁護士と競うことになることも予想されます。
 司法の民主化を主導するのは女性弁護士でもありますし、「いざというときに駆け込める場所」、身近なホームロイヤーの存在は国益にも適うあらゆる意味で重要な存在だと思います。
2012/01/18(水) 06:47 | URL | Love world neighbors #-[ 編集]
お詫び
 答礼コメントがないようですが、もしぼくのコメントに不快な内容、又は失望させる内容、その他コメント内容に何らかの問題点があったということならお詫びさせて頂きます。
 どうも申し訳ありませんでした。
2012/01/20(金) 07:40 | URL | Love+world+neighbors #-[ 編集]
Love+world+neighbors さん,ありがとうございます。
すみません,この2日,ブログをケアしなかっただけです。
お気づかい頂いてしまい,本当に申し訳ございません。失礼しました。

民事法律扶助の制度や,刑事でも援助制度があるとはいえ,
やはりまだまだ,弁護士は気軽に相談できる存在ではないんだなあと感じています。
私の実家は小鳥屋で,ときどき父がお客さんと何時間も話していることがありました。
好きな小鳥の話だけではなく,世間話を延々としているような。
さすがにそこまでの余裕は今の私にはないですが,
そのくらい地域に密着した身近な存在になれるように頑張ります。
2012/01/20(金) 22:53 | URL | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/21(土) 21:00 | | #[ 編集]
秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
うん。そうだよね…。
長いこと忘れずに(笑)見に来てくれてありがとう。
元気にしてるのかな。
2012/01/22(日) 23:37 | URL | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/03(金) 20:32 | | #[ 編集]
2/3に秘密コメント下さった方,ありがとうございます。
実際に弁護士になってみると,
受験生だったときには見えなかった視点から見えるものもあります。
見なければならない現実もあります。
が,そんなときにも絶対に,初心を忘れずにいてください。
私もそれを心がけています。
2012/02/06(月) 22:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1904-650fda97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック