茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

実るほど頭を垂れる稲穂かな

って,小学校の卒業アルバムに校長先生が書いていた。
当時はもちろん実感などできるわけない年齢だったけど,
社会に出てからはときどき思い出してきたし,本当にそうだなあって思う。

どんな業界,どんなコミュニティーにもいるのだろうと思うけど,
「あなたは何さまのつもりですか!?」と言いたくなる方に時折遭遇する。

特に,権力を背に,弱者に鞭打つ人には,怒りを越えて悲しくなる。
そんなことをして,そんな態度をとって,誰にとってどんなプラスがあるのでしょう。

そんな態度をとっているときのその人って,どんな気分なのかな。
人を見下して,何か偉い人にでもなったような気持ちなのかな。
自分があさましいような,嫌な気持ちにならないのかな。
ほんと,同じ「人」として,悲しくなる。

尊敬できる人たちはみな,いい意味で自分の身の程を知っていると思うし,
本当に「偉い」から,偉そうに見せる必要もなく,偉そうな態度を取ることもない。

常に足元を見て,地道に努力していこう。
2012.01.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1908-e2e7a16d