実るほど
2012/01/29(Sun)
実るほど頭を垂れる稲穂かな

って,小学校の卒業アルバムに校長先生が書いていた。
当時はもちろん実感などできるわけない年齢だったけど,
社会に出てからはときどき思い出してきたし,本当にそうだなあって思う。

どんな業界,どんなコミュニティーにもいるのだろうと思うけど,
「あなたは何さまのつもりですか!?」と言いたくなる方に時折遭遇する。

特に,権力を背に,弱者に鞭打つ人には,怒りを越えて悲しくなる。
そんなことをして,そんな態度をとって,誰にとってどんなプラスがあるのでしょう。

そんな態度をとっているときのその人って,どんな気分なのかな。
人を見下して,何か偉い人にでもなったような気持ちなのかな。
自分があさましいような,嫌な気持ちにならないのかな。
ほんと,同じ「人」として,悲しくなる。

尊敬できる人たちはみな,いい意味で自分の身の程を知っていると思うし,
本当に「偉い」から,偉そうに見せる必要もなく,偉そうな態度を取ることもない。

常に足元を見て,地道に努力していこう。
この記事のURL | お仕事 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
分かります。。
きっとそういうたたちは、本当は臆病で自分に自信が無いのだと感じます。
自分の生き方に自信を持ち、周りからも愛されているひとは、なにも人にひけらかさずとも、自分なりに地道に地味に、でも幸せに生きているはず。本当に偉い人ならたとえ本人が望んでなくても周りから尊敬されてそのように扱われるはずなので。
だから、威張ってる人や自慢している人を見ると、かわいそうな人だと感じます。
それに周りの人も声には出さなくても、分かってますよね(^_^;)
2012/01/30 13:20  | URL | しろ #-[ 編集] ▲ top
- 反省すべきですが、「良き法律家は悪しき隣人」も有り得るかも -
「どんな業界,どんなコミュニティーにもいるのだろうと思うけど,「あなたは何さまのつもりですか!?」と言いたくなる方に時折遭遇する。」
→事実関係が記されていないのでわかりませんが、ぼくもそこまでひどくなくてもその辺を反省すべき所と考えています。
 ただ、仮にそれが法律関係者なら、次のように考えた方が良いケースもあるかもしれません。
即ち、法律関係者は無数の人を重んじる傾向があり、目の前の人を軽視する傾向がある、即ち、「良い法律家は悪しき隣人」的に考えてみては如何でしょう。
 ぼくは個人的には、そう考えることにより、相手の長所を理解できたとか、相手を正当に評価できたと思ったことが多数有りました。
 勿論、多くの人がひどい人物だと看做すケースもあるでしょう。 
 ぼくも目の前の人への配慮に欠けるのが自分の欠点だと理解していますが、一般性・法的安定性と共に具体的妥当性も考慮すべきであるのは当然であり、反省すべきだと思っています。
 東西古今、女性は具体的妥当性考慮に優れており、女性法曹は一般性・法的安定性考慮も優れと具体的妥当性の考慮も優れ、バランスが良く、micoさんの活躍を期待しています。

「そんな態度をとっているときのその人って,どんな気分なのかな。人を見下して,何か偉い人にでもなったような気持ちなのかな。」
→見下している最低の人だと前提にすると、弁護の余地はありません。
 しかし、以前、日弁連の副会長がぼくの親しい弁護士を頭ごなしに怒鳴りつける所を目撃することがありました。
 隣室ですが、ドアは開いており、怒鳴り声は聞こえるし、机を叩く動作も見えます。
 ぼくは「偉いからって威張るな!」と思って聞いていました。見ていました。3分でも長いのに、延々30分。 怒り心頭でした。
 終わって2人きりになった時、ぼくは心から言いました。
 「今日はひどい目に遭いましたね」
するとぼくの人生観を変える言葉が返ってきました。
 「オレが悪かったんだよ」。
 ぼくは驚き、考えました。
そうか、偉そうだとか、机を叩くとか、日弁連副会長だとかも軽視は出来ないが重要ではなく、大事なのは一般性や過半数が付いて来る真実があるかどうかだと思いました。
 micoさんのケースは実際見下しているケースかもしれませんが、ぼくの場合は早合点を反省した次第です。

「尊敬できる人たちはみな,いい意味で自分の身の程を知っていると思うし,本当に「偉い」から,偉そうに見せる必要もなく,偉そうな態度を取ることもない。」
→プライムミニスター(=首相)とは第一の僕という意味です。 偉い人は全ての人に仕えなければなりません。
 それに偉いかどうかは、人格を中心に客観的に定まるものであり、殺されても揺るがず、偉そうにする必要はないと思います。
 「己の足りない所を知ることこそ大事だ」(ソクラテス)だと思います。 そして日々己の足りない所の改善に努力すべきだと思います。 但し、長所と欠点が重なっているので、改善は簡単ではないですけれどもね(笑い)。
2012/01/30 21:51  | URL | Love world neighbors #-[ 編集] ▲ top
-  -
しろさん,ありがとうございます。
そうなんですよね。まさに「かわいそうな人」だと感じてしまいます。
幸せじゃないんだろうな…とか。


Love world neighbors さん,ありがとうございます。
そうですね。色んな人がいますし,色んなケースがあるでしょうね。
けどついてきている「過半数」は必ずしもみんながみんな,
その方の人格を尊敬しているわけではないだろうとも思います。
2012/01/31 22:44  | URL | mico #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1908-e2e7a16d

| メイン |