茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

飛び込みでお電話を頂くことはよくあるけれど,その中で
「いつも(事務所の)前通ってて,ここに相談しようって思ってたんだ」
と言ってお客様が来て下さったことがあって,正直,嬉しかった。

いつも事務所の前を通っていたということは,ご近所の方ということで。
もともと,「身近な弁護士」を目指していた私にとっては,
歯が痛くなって,いつも前を通っている歯医者さんにとりあえず行ってみよう,
みたいな感覚でご連絡頂けることは,弁護士になってよかったなあって思う瞬間なの。

少し前に,事務所に入ろうとした瞬間,通りかかった方から
「ここは弁護士さん,いんの?(いるの?)」と声をかけられ,
「はい!私が弁護士です!」(^^;と答えたところ,
「そのうち相談行くからよろしくね~」と,歩みも止めないまま
手を振って言って頂いたこともある。

ほんとに少しずつだけど,
ここに弁護士がいるよって定着してきたのかなあって思えて嬉しい。

事務所の看板(ガラス壁にペイント),目立ち過ぎるかなあとも思ったけど,
これを見て「いざというときはここに来よう」って心に留めて下さる方がいるのであれば,
誇らしくさえ思えてくる。
2012.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/1927-356e8418