茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
司法試験合格体験記(伊藤塾)に始まり、
弁護士になるまでの経歴をお話しさせていただいたり、
書かせていただく場面が何度もあったし、今もある。

まあ、このブログをずっと読んでくださっている方は
全部ご存じのとおり、私は経歴について何も隠していないし、
これからも隠すつもりもごまかすつもりもない。

仮にごまかそうとしたところで、ネットで検索すれば
すぐこのブログがヒットし、ここを見れば全部書いてあるんだしね。

最初からずっと言い続けているとおり、私はこのブログをやめないし、
過去の記事を編集したり消したりということもしない。
(コメント等で、消してくれ、と言われた場合は別だけど。)
だから、いまさらごまかしても無駄(^^;

なんだけど、何度も同じ話をしているうち、知らず知らずのうちに
美化する方向になりそうになるんだよね。
すぐに気づくから、実際に美化して話したりしたことはないつもりだけど。
司法試験の勉強をしようかなあと考え始めてから合格するまで、
10年以上かかってるのに、「約10年」と言いそうになるとか(笑)
正確には…えっと、司法試験について調べ始めたのが平成9年秋ころ、
伊藤塾の講座の申し込みもほぼ同時にして(決断早っっ)、
平成10年の年明けくらいから通信の講座で勉強を始め、
初めて旧司法試験を受験したのが平成12年、
受験的孤独に耐えきれずこのブログを始めたのが平成17年3月、
法科大学院に入学したのが平成19年4月、平成21年3月に卒業して、
その年の司法試験に合格したわけだから、
司法試験の勉強をしようかと考え始めてから、合格するまでは、
12年かかってるということになるね。

まあ、「約10年」の範囲か(笑)

とはいえ、自分自身としても、過去のいやなことは思い出したくないし、
逆に妙な苦労自慢みたいなこともかっこ悪いと思ってるので、
淡々と努力して、飄々と独立開業しうまくいっているふうを装ってしまうかも。

何かで私の経歴を見る際には、その辺を差し引いてくださいね。
 コメント
この記事へのコメント
私もそう思います!
お久しぶりです!

MIKOさん、元気してますか?
こちらはもうすぐ弁護士一年目が過ぎ去りそうです。

MIKOさんの記事を読まさせていただいて、とても共感しました。

私も、平成10年が初受験で、22年に、合格できました。孤独を感じてゼミに参加して初めてMIKOさんとお会いしました。

自分は過去をあまり振り返らないのですが、合格して色んな人と会って、最近、昔の事を考えるようになりました。

ロー制度ができて、旧試験の努力がリセットされてしまう結果、弁護士業のギャップ、昔と比べ経歴が問われるようになったこと(弁護士はやはり職人だと思います)など。

それだけ、心の余裕が出てきたのかもしれません。

私も、同様に過去の嫌なことは思い出したくないです。

人生万事塞翁が馬、合格までに時間がかかったこと、それが自分にとって良かったんだと考えています。

コツコツやっていれば、報われますよね☆
2012/11/04(日) 20:44 | URL | TOMO #-[ 編集]
TOMOさん,お久しぶりです!コメントありがとうございます。
お会いしたのはお互い旧司受験生だったときですよね(^^;
色んな経歴をたどって今があるわけで,無駄な経験は
何ひとつないものですよね。
これからも初心を忘れず,コツコツと地道に頑張りましょう!
2012/11/05(月) 23:12 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2009-6733f562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック