茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
日々、ご相談をお受けしていると、前に(別件で)弁護士に相談したときは
あまり話を聞いてもらえなくて、今回もどうしようか迷った、
というような話をお聞きすることがある。
飛び込みの電話で、「ちゃんと聞いてもらえますか」と問われることさえある。

弁護士は敷居が高くてアクセスしづらいと、私自身が思っていたし、
こういうお話を聞くたびに、せっかくアクセスしたのに不信感を抱いてしまう方も
たくさんいるんだな、と実感する。

弁護士も所詮は「人」だし、人が人に相談し、人が人の相談を受ける以上、
相性みたいなこともあるとは思う。
でも、話を聞く、ということは弁護士の重要な仕事だと私は思っているので、
そういうお声を聞くと、同業者として悲しくもなる。

せめて、ご相談いただいた方が帰宅したとき、
「話を聞いてもらえなかった」と思わずにいて頂ける弁護士でいたい。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2014-cb5bebd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
話を聞くということ(micoの超個人的勉強記録) http://micko.blog29.fc2.com/blog-entry-2014.html 茨城県牛久市の弁護士さんのブログをご紹介。共感させられる部分がありました。 (引用開始)飛...
2012/11/25(日) 20:07:36 | 大阪・弁護士中尾慎吾の法律顧問相談室