茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
事後報告で…ただの自分の日記にしかならないけど、
今日、被仮放免者臨時法律相談会が開かれ、私も
相談担当弁護士として参加させて頂きました。
(NHKのニュース7で報道もされました。)

「仮放免者」という立場の外国人が日本で生活していること、
牛久で弁護士になって、牛久入管に収容されている外国人の
相談を受けるようになるまで、知らなかった。

牛久で弁護士として開業したけれど、牛久に収容施設があることすら、
知らなかった。でも、これも何かのめぐりあわせなんだと思う。

だいぶ前のブログには書いているかもしれないけど、私、
小学1年生のときの日記に、「せかいじゅうのひとと、ともだちになりたい」
みたいなことを書いているの。

そして、日本語教師の資格を取ったときの修了課題のテーマも
「外国人の人権」だった。当時は法律の勉強なんて全くしていなかったのに。

そういう私が弁護士になって外国人の人権問題に関わるのは、
やっぱり「必然」なんだと思う。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2058-a1f2a7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック