茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

そんなことが報道されたので,ふと考えたのだけれど。

今,新人弁護士の一斉登録が12月なんだよね。
弁護士は個人事業主で,毎年1月から12月の収入について,
確定申告をすることになるから,12月に登録して仕事をしたら,
12月の1か月分だけでも確定申告することになるよね。

一斉登録のときに登録する弁護士は少なくとも1500人程度はいるから,
その人たちがきちんと確定申告したら,まあ,通常は所得ゼロだよね。
今は修習生時代の給料もないんだし。
そういう人も数に入っていることを差し引いて考えないとね。

昔の弁護士事情をよく知らないから,安易なことは言えないけど,
なんていうか,弁護士になっても「食えない」みたいな言われ方は,
色んな意味で,ちょっと違うんじゃないかなと思う。
(あ。この報道記事はそういうニュアンスでもなかったかな。)

私は母子家庭歴が長くて,文字通り,本当に「食えない」ときもあったから,
私の基準で「けっこう食えるよ」とか言っても全く説得力はないだろうけど。

それに,
そもそも,純粋にお金儲けがしたいだけの人は,弁護士なんかなってほしくないし,
ならないほうがその人のためだと思う。
いまどき「儲かるから弁護士になろう」と思う人なんていないだろうけどね。
(あ。昔からそれはそうかな。お金儲けのためだけに弁護士になる人なんて,
今も昔もいないよね。そう信じたい。)

2013.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2066-1359f2be