茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

「国選の弁護士さんはあまり会いに来てくれないと聞いてるんですけど」
「国選だと,あんまり動いてもらえないんですよね?」

国選事件の連絡を受けて,1回目の接見に行ったときなどに,
そう言われたことがこれまでに何度も,何度も,ある。

「そんなことないですよ。国選でも私選でも,するべきことは当然します。
国選だからって手を抜くようなことは,ふつうの弁護士であれば,しません。」

当然私は,国選だろうが私選だろうが,同じように仕事をしているので,
他の弁護士もみんなそうなんだろうと思い込んでいて,そう答えてきた。
実際,私が日常的に見聞できる範囲の先生方は,みなさんそうされていると思うし。

…けど,実際はどうなんだろう。
これだけ多くの方がそのような疑問を抱くということは,中には
国選だと力が入らない弁護士がいるのだろうか。

と思って,検索してみたら,
「あまりに安いので弁護人は事務的に済ますことが少なくない。」
との記述が出てきた。

うーーん。誤解であると信じたい。
2013.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2072-7d5914c2