修習生の進路相談
2013/08/31(Sat)
今日は,この前書いた,66期司法修習生の
就職・即独相談会に相談を受ける側として出席した。

相談を受ける側になってから何年もたたないのに
偉そうなことを言うようだけれど,
なかなか進路が決まらない修習生には共通点があると思う。

いい意味での積極性が足りない。
現状認識が甘い。情報収集が足りない。
就職希望でも,即独希望でも。

偉そうついでに,日頃修習生と話しているときに感じることを
ちょっと書いておきます。

たとえば既存の法律事務所に入りたいという場合,
公募しているところに応募するだけで決まる人は,
2000人以上もいる司法修習生のうちのほんの一握りにすぎない。

そんなこと,数を見ただけでも明らかなのに,修習も終わりの時期になって
「公募しているところに応募したけれどダメでした,どうすればいいでしょう」
と言っているようでは,そりゃあ,決まるわけないよ。
(あ。今日,相談に来てくださった方がそうだということではないので,
誤解なきよう。)

公募しているところに履歴書を送るだけではなくて,
もっとできることがあるでしょ!
公募していないところに決まった人,周囲にもいるでしょ?
そういう同期(や,1期,2期上の先輩)に方法論を訊いたらいいと思う。

それから,即独も選択肢に入れている人。
別に一斉登録と同時に開業しなくてもいいと思うけど,
66期で言えば,今の時期に開業地域も決まっていないようでは,
一斉登録と同時の開業は,事実上不可能だと思う。

開業地域を決めている人,当該地域の弁護士会と連絡取って,
情報を仕入れてください。
当該地域の弁護士に連絡して,話を聞いてください。
具体的行動を取らず,抽象的不安ばかり育てるのは時間の無駄です。

司法試験に合格して,(まだ二回試験はあるけれど)弁護士になれる,
というところまで来ているのだから,等身大の自信を持って,
頑張ってください!
この記事のURL | お仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2084-c3b09bee

| メイン |