茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
今の時期,ネットで
二回試験(司法修習の卒業試験みたいなもの)について検索すると,
このブログに行きつくことがあるらしいことを知った。

なので,数週間後に二回試験を受ける2000人強のみんなに,
本気でがんばれ!!
と伝えたい。私は,
二回試験に失敗した経験を持つという少数派の弁護士だから,
「大丈夫だよ,ほとんど落ちないんだから」なんて絶対に,言わない。
「ほとんど落ちない」のは,本当のことだと思う。数からみれば。
でも,だれが落ちても不思議はないのも本当のことだと思う。

当時も書いたけど,私は,能力もない上,努力も足りなくて,
落ちるべくして落ちたから,何の言い訳もしない。

だけど,なんであの人が??という落ち方をする人がいるのも事実。

「たまたま落ちなかった」のだろうと思われる人も含め,
落ちなかった人たちの中には,後になって当然のように言う人がいる。
「よほどの人じゃないと落ちないから」って。
(あ。実際,2年に1人くらいしか落ちなかった時代の先生方は別です。)

もちろん,これから受ける人を勇気づける意味で言っているのでしょう。
けど,私は,実際に落ちた「よほどの人」だから(笑),安易なことは言えない。
ここを見てくださっているということは,「落ちたらどうしよう」と,
ちょっとだけでも思ったことがあるのだろうと思う。

落ちたって別に,命取られるわけじゃないから,そこは大丈夫。
とにかく今は,命がけで,本気でやるしかないです。

そして,無事に合格したら,
どうか,今のその不安な気持ちを忘れないでいてください。
意識していないと,きっと忘れます。のどもとすぎればってやつ。
そして,平気で偉そうなことを言う人になっちゃたりします。
ここを見てくれた人に,そういう弁護士になってほしくない。

あなたが今後お話しするであろう依頼人さんたちはみな,
「~~ってことになってしまったらどうしよう」と,見えない近未来を
過剰なまでに心配している方ばかりです。
結論の見通しがつく立場になれば,「そんなのどうってことないのに」と,
軽く聞き流すような話が多いかもしれません。

けど,当事者にとっては,それは一般化できない,固有の悩みです。
二回試験を受ける人というのは,日本社会の中でごくわずかな人にすぎないわけで
あなたが今,二回試験について何か思い悩んでいるとしたら,それはもう,
「誰にもわかってもらえない」くらいの,特有の悩みということになると思います。
そしてきっと,「今」はそれが「すべて」くらいに,重い悩みでしょう。
そういう思いを,忘れずにいてください。そういう弁護士が増えてほしいです。
(私も,そういう思いを,忘れずに生きていきます。)
 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/21(木) 22:40 | | #[ 編集]
秘密コメントくださった方,
終わったことは,意識的に,考えないようにして
あと2日,その日その時に集中してください。
今はそれしかないですから。頑張ってくださいね!!
2013/11/24(日) 23:35 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2094-deca4cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック