FC2ブログ

弁護士小室光子の記録です

秘密保護法が,さっき,参議院で可決,成立した。

法律の中身のひどさもさることながら,
成立過程もなんだかものすごい無理矢理だったね。

一国民として,すごく,かなしい,と思った。
こんな思いは,これまでの人生で初めてのことだよ。
年齢なりにいろんな「かなしみ」を経験してきたけれど,
それらのどれとも違う無力感とか,絶望感とか,そんな感じ。
あのヒットラーの独裁政治も,最初は国民の支持を得ていたんだよね。
今の日本の政権も,私たち国民が支持したんだったよね。

私は支持しない投票行動をしたけれど,結果的に今の政権になった責任は,
支持しなかった者にも等しく及ぶものだろうと思う。それが民主主義だと。

そう思うとき,本当に,一国民としての無力を思う。
権力の暴走を止められないかなしみ。

戦前,

(と書いて,もしかして近未来に
今,この平成25年,西暦2013年が,
違う戦争の「戦前」と表現されることすらあり得ると気づいたけれど)

それはさておき,戦前,きっと同じことを感じていた国民が,
たくさんいたんだろうね。

当時といちばん違うことは,情報伝達スピードだろうと思う。
一人一人があきらめず,投げやりにならず,つながって,
いやなことはいやだと言い続けなければならない。
2013.12.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2099-219e2678