茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

この前,コンタクトレンズの話を書いたけど。
実はその検診のときに,
「緑内障になりかけているかもしれないです」
と告げられ,今日,詳しい検査を受けてきた。

結果としては,左目下部に関して,
「正常と緑内障の境目」という程度で,
今のところ治療の必要はない,定期的に検査を受けましょう,
ということだった。まあ,コンタクト使用者なので,
いずれにしても定期的に眼科には通うから,そのときに。

「緑内障」という恐ろしい言葉を聞いて,すぐには
ブログに書くこともはばかられ,ちょっと情報を集めたりした。
「白内障」は,亡くなった父が手術をしたこともあって,
少し知っていたけど,「緑内障」は高齢者に多い目の病気,
くらいの知識しかなかった。

しかし。年齢40代だと,20人に1人は緑内障というデータもあるらしい。
失明する可能性もあるというのに,初期では自覚症状はなく,
視野が欠けるという自覚症状が出る段階ではかなり進行していて,
しかも現在の医療では進行を止めるだけで,「治る」ということはないらしい。
なんと恐ろしい…。

私もきっと,コンタクトの検診がなければ眼科に行く機会もないだろうし,
(検診だけのためには,なかなか行かないよね…)発見も遅れたと思う。
なんにしても早期発見・早期対応が大事だね。
2013.12.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2104-86824bf5