茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
茨城県弁護士会では,毎年1月上旬に,
全会員を対象とした倫理研修が開催される。
2時間の研修の後,新年会で,今年も先日開催された。

今年も新入会員(新規登録弁護士と他会から登録替えした弁護士)
23人を含め,茨城県弁護士会所属の弁護士の7割程度が参加してた。

倫理研修は,とってもいい勉強になる。
弁護士の不祥事が報道されることも多い昨今,
限界事例を考えてみること自体,こういう機会でもないと難しいからね。

弁護士は,「依頼者の利益」のために働く,ということについては
誰も異論はないと思うけど,何が「利益」なのかは,人それぞれに異なる。
似たような事案で似たような方法を提示したとして,
Aさんのケースではそれがベストでも,Bさんのケースではそうではない,
ということはいくらでもあるわけだから。

 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/13(月) 09:23 | | #[ 編集]
秘密コメントくださった方,ありがとうございます。
受験勉強との関係では,ストレスがかかる状況ですね。
でも,私もそうでしたが,受け入れるしかない色んな制約の中で
司法試験の受験勉強を続けている人も,いくらでもいます。
厳しい条件の中でも,自分が耐えれば,
少なくとも勉強することはできるという環境があるのでしたら,
それだけでも十分,恵まれていると思います。
望んでも,勉強することすら許されない状況にいる人も,
世の中にはたくさんいると思うからです。
司法試験受験生の中には,大学受験ないし高校受験の延長のように,
実家にいて,上げ膳据え膳でお金の心配もなく,
勉強に集中できるというもいるでしょう。
(それはそれで,別のストレスがあるとは思いますが)
結局,絶対に合格したいという志に揺らぐところがない以上,
今ある環境で,最大限できることをするしかありません。
諦める気持ちなんてゼロ,そう言い切れるのですから,大丈夫です。
その気概さえあれば,他のことはなんとでもなりますよ。
少々の居心地の悪さは,我慢するしかありません。
頑張ってください。応援しています。
2014/01/13(月) 23:57 | URL | mico #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/14(火) 23:10 | | #[ 編集]
秘密コメントくださった方,こちらこそありがとうございます。
言い古されていることだとは思いますが,
乗り越えられない試練は,その人に与えられない,
というのは真実なんだろうなと思っています。
今のつらさを乗り越えた先には,また違う,
今は想像もできない何かがあるのかもしれないですが,
今は想像もできない喜びだったり充実感だったりが
あるということも,おそらく間違いないです。
我ながら普通じゃない,という精神状態は,
なにも恥ずかしいことではありません。
またいつでもご連絡くださいね。
2014/01/19(日) 22:59 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2106-2419aa3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック