茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

病院に行って,診察を受け,
それを信じないというわけではないけど,
別のお医者さんの意見も聞きたいな,というときの。

そういうわけでもなかったんだけど,
先日,視野検査を受けた眼科さんが,あまりにも待ち時間が長すぎる
(タイミングによっては2時間以上になる)ため,断念し,
(医師やスタッフの皆さんには何の不満もなかったけれど)
別の眼科医を受診した。コンタクトの処方だけなのに,さすがに
そんなに時間かけられないと思ったので。

ちょっと前の歯科医のときも思ったけど,
やっぱり個性もあるし,相性もあるし,こちらに来てよかった。
開業医は,自営業だから,経営方針もそれぞれにあると思う。
弁護士も同じだけど。

医師としてのスキルは優秀なんだろうな,と理解できるし,
信頼できるし,その医師に診てもらいたい,と思ったとしても,
他の色んな状況を総合考慮した結果,足が遠のくということもある。

弁護士も,全く同じだと思う。
確かにすごく優秀なんだろうなと感じさせる弁護士が,
必ずしも依頼したい弁護士ではない。
それは,自分が一市民として弁護士に相談したいと思ったときの
経験,感情からも理解できる。

誤解を恐れずに,あえて言えば,私は「優秀な」弁護士ではない。
他学部(それも文学部演劇科という,全く,かすりもしない分野)卒,
旧司法試験には7回も失敗し,司法修習生の卒業試験にあたる
通称二回試験にも失敗しているからね。

でも,だからこそわかることも,たくさんあるし,私は,
こういう経歴で弁護士になって,本当によかったと思ってる。
最近では,私を「選んで」来てくださる方もいらっしゃるし,「私」が
弁護士としてするべきことを,しっかり見極めていきたいと思う。
2014.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2108-0b81eecc