茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

昨日,今日と2日続けて,ほとんど事務所に出られなかった。

ネット上のどこかで見たんだと思うけど,
こういう弁護士はやめておいたほうがいい,みたいな条件が
箇条書きになっていたものがあって,その中に,
「連絡が取りづらい弁護士」みたいなのがあった(ような気がする)。

この2日間みたいなことは,私にはしょっちゅうあることなので,
「連絡が取りづらい弁護士」なのかもしれない…と思うと胃が痛くなる。

あ。
ネットの何かに書かれていた悪条件に当てはまるからというのはともかくとしても,
ご連絡頂いた方に申し訳ないと思うから。
(もちろん,完全に事務的な連絡で,数日遅れたからといって
どうということもない連絡もあるから,それはそれで仕方ないと思うことにしている。
お手数かけて恐縮はするけれど。)


ちなみに昨日は,水戸で東海第二原発差止訴訟の第5回口頭弁論に出席しており,
今日は霞ヶ関で,外国人人権救済委員会関係の行事に出席していたため,
事務所にいた時間はわずかだった。

弁護士になったらやりたい(関わりたい)と思っていたことがたくさんあり,
おかげさまで,それらの多くに関わらせて頂いている。
とはいえ,当たり前だけど,人ひとりでできることには限界がある。
そのことを,しっかり自覚しないといけない。
ただ,自信を持って言えることもある。

私は,社会的弱者の味方になりたいと思って,弁護士になった。
そこだけは,絶対にぶれることはない。
2014.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2114-4c83cc65