茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
某市の学校給食は,米飯がメインだそうで,
ご飯と牛乳は合わない等の理由により,牛乳をやめるんだってね。

事の是非はともかく,うちの息子は,母乳のあとは牛乳だった
(…って,一昔前の牛乳のCMで言っていたけど,文字通り)。
以来,あと数か月で20歳になる現在まで,家での食事の際は,
毎回,必ず牛乳を飲んでいるよ。

パンだろうが,ご飯だろうが,和洋中,おかずがなんであろうが,
必ず牛乳は飲んでいる。

まあ,別に,給食に牛乳は必須!!とも思わないけど,
「ご飯に合わないから」という理由は釈然としないな。
 コメント
この記事へのコメント
給食に恨み
日本の給食には恨み骨髄です。あのぬるい牛乳と米飯の絶望的なコラボレーション...。
アメリカでは、家に食べに帰ってもよかったし、家から持って来るコールドランチ、カフェテリアでメニューが選べるホットランチの選択肢がありました。
全員が同じ食べ物を同じ量押し付けられる給食は、当時少食で和食が苦手だった自分にとって苦役の時間でした。
2014/04/13(日) 21:54 | URL | 帰国子女 #YrGnQh/o[ 編集]
帰国子女さん,アメリカではそういう状況だったのですね!
選択肢がたくさんあるというのはいいですね。
私も少食な上に,好き嫌いがものすごく多かったので,
給食の時間は文字通り,苦役でした。
昔は全部食べるまでお昼休みになっても
解放されなかったので,5時間目が始まるころまで
給食と格闘していたことがありました…。
2014/04/20(日) 00:14 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2122-2475e1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック