茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
亡くなられたという報道を見た。
「作家渡辺淳一」というと,思い浮かべるのは「失楽園」?

私の場合は,最初に思い出すのは,「女優」という小説。
実在の女優,松井須磨子を描いた作品で,
1986年,つまり私が大学1年生のときに発表されたもの。

当時の私は,早稲田大学第二文学部の1年生で,
「女優」になるのが夢で,民間のある劇団に所属していて,
東京ディズニーランドでアルバイトをしていた。

当時はまだ,京葉線が開通しておらず,ディズニーランドへは
浦安駅から直通バスで行くのが通常のルート。
浦安駅前の本屋さんで,渡辺淳一氏の「女優」の下巻を買ったことを思い出したよ。

【2014/05/05 22:27】 | 雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック