茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

今年の司法試験は,14日(水)から。

新司法試験も今年で,えっと,9回目なんだね。
(初回は2008年。60期。)

私が,弁護士になることを意識し始めたのは1997年ころ。
司法試験の制度自体が,くるくると変化していて,私が,
受験生として土俵に上がれたころ(このブログを始めたころ)には,
なんていうか,受験生はみんな,制度に翻弄されているなあと思った。

でも,このブログにも書いてきただろうけど,
受験生は,合格して法曹になるのだと決意している以上,
制度の是非についてあれこれ言う暇があるのなら,勉強するしかない。
受験生の立場で何を言っても,自分が受からない言い訳でしかないから。
言いたいことは,受かってから言うしかない。

それで私は,受かって,弁護士になって数年がすぎた今でも,
やっぱり,司法試験,司法修習にも,色んな理不尽があることは
否定できないなあと思っている。
それを,弁護士になった自分には,もう関係ないからいいや,とも思えない。
(かといって,何ができるというわけでもなく,ここでも無力を感じるが。)


とにかく,受験生のみなさんは,受かることだけ考えて,
この1週間を必死で走りぬいてください。
その先には,必ず別の何かが見えるはずです。
2014.05.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2127-39a03843