茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

っていうことが,実際あるんだなあということを,
日々の仕事の中で感じることがあるよ。

時間がたって,状況が変化したり,感情が変化したりして,
紛争の当事者同士が納得できる形の結論に至ること。
すでに訴訟になっている場合もあれば,その前の段階のこともあるけど。

もちろん,事案によるし,一概に言えないけど,
時間がかかったとしても,判決で白黒つけるよりもよかったですね,
という場合もあって,「時間が解決する」というのは一つの真理なのかも,
と思ったりもする。
2014.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2130-b1773e36