茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
実家の母が,信じられないほどの「捨て魔」だった。
何度か書いていると思うけど,
「絶対捨てないでね!!」と念押しした物が,
ある日学校から帰ったら捨てられていた,ということが何度もあった。

その反動なのか,私は,物を捨てられない性質で。
そうすると,必然的に物は増えていくんだよね。
実家を出て,子どもも生まれて,物が増え続ける生活を続けた結果,
片付かない家になった。

物を捨てられないくせに,片付いていないこともイヤな私にとって,
それはそれで,ストレスが多い生活でもあった。
どうすれば片付くんだろう。
そうか。物を増やさなければいいんだ。

その単純かつ当たり前なことにようやく気付いた私は,
3年半ほど前に今のマンションに引っ越して以降,極力,物を買わず,
必要最小限の物で生活することを心がけている。
おそらく今,私がいるこの空間は,「がらんとしている」。

それでも,郵便物だったり,頂き物だったり,入ってくる物というのはあって,
それをそこらに置いておくと,それだけで散らかっていくんだよね。
そう思うと,実家(は,今は母が一人暮らし)はいつ行っても余分な物がなく,
整然と片付いていて,やっぱり捨てることが最善なのかと思ったりする。

母に捨てられてしまった,捨てられたくなかった大切だったはずの物は,
物はもうないけど,結局,確認しなくてもこうして覚えているのだし,
見なければ思い出さないような物なら,別に,
なくても,精神的にでさえ,何ら困らないのだろうしね。
 コメント
この記事へのコメント
先日は、どうも失礼しました。
現在は、地元の女性弁護士の先生に依頼して、お話しした件の後片付けをしております。
確かに、片づきませんよね。
物が捨てられない。
再び買うときの金額を考えると。。。
私の娘も今年で21歳です。京都の大学に通っています。
今年の司法書士の試験は、駄目でしたが、来年、何とかめどを付けたいです。
現在、不動産会社でアパートやマンションの清掃のアルバイトをしながら、勉強しております。
現在は、大学卒業時を思い出して、その時の気持ちで、再度、人生を切り開こうと考えております。
ただ、大学時代の時ほど、頭の記憶能力が冴えないのが残念ですけど。

あと、私もブログを書いて、アドセンスにて、収入の足しにしようとしています。
でも、ブログは、書いているうちにネタ切れになると辛いです。
2014/08/02(土) 00:39 | URL | 藤森 #ejL58bjI[ 編集]
藤森さん,ご連絡ありがとうございます。
前向きに頑張っておられるご様子,安心いたしました。
時間は戻らないし,生物学的な退化を止めることができないのは,
誰しも平等ですし,仕方ないですね(^^;
今ある状況の中で,最大限の努力をするしかないです!
頑張りましょうね。
2014/08/02(土) 20:47 | URL | mico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2137-ee1dee5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック