茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です

今日は,弁護士を目指したいという女性(お母さんでもある)と
お話しする機会があった。

そこそこ,長丁場の勉強になることは覚悟の上のこと。
司法試験は,現役で大学生のころから目指しても,
どんなに早くても数年を要する。

まして,仕事をしながらだったり,子育てしながらだったりしたら,
いろんな制約がある中での勉強になるから,さらに長丁場を
覚悟しなければ飛び込めないと思う。資金の問題もあるし。

お話ししている中で,
モチベーションが下がったときにどうしていましたか,
というご質問を頂いた。
考えてみると,このブログを始めたことこそ,その解決策の1つだった(気がする)。
法科大学院に入った後は,モチベーションが下がることはなかった(ことにする)。

で,このブログを始めた年の受験直前期に,個人的に,
なんか,もう別に司法試験に受からなくてもいいか…と思う事情があったのね。
まあ,直前期の逃避心理かもしれないけどね。

そのときの自分の手書きの日記には,こんな記載があった。
「だけど,もう1度原点に立ち戻って考えてみた。
自分の人生,司法試験やめた場合の人生,それでいいのか?
やめたとして,何の仕事するか。また会計事務所とかで補佐的仕事?
やだ。法律の知識いかして就職,とかいっても,結局『補佐』的立場でしょ。
イヤなのそれは。自分が,やりたい。
じゃ,日本語教師?(注:司法試験を目指す前,日本語教師を目指したことがあり,
資格は取っていました。)教壇に立って外国人に教えている自分…想像できない。
それに何より,この7年半はなんだったの。
合格しないでやめたら,ムダだよ,ムダ。お金も時間も。
7年半もあったら,それこそ日本語教師になってたらベテランの域にいたくらいでしょ。
もういいかげん合格しなくちゃ。たかが資格試験でしょ。
資格取って働くことが目的であって,合格が目的じゃないよ。合格は通過点。」
「去年落ちてからずーっと択一対策してきたんだもん。
(注:旧司法試験です。当時は択一が5月,論文が7月でした。)
その総決算だよ。落ちるわけないよ。ここまでやってきたんだから。
これで落ちるならホント,もう無理だ。だって,これで落ちるとしたら,
実力不足ではありえないからね。広いイミで,精神的な問題ってことになる。」

それで,この年(このブログにも記録しているとおり),初めて旧司法試験の択一に合格した。
論文には落ちて,翌年は法科大学院も視野に入れて勉強し,結局,
中央大学法科大学院に平成19年に入学したんだよね。

もうずいぶん前の話なんだね。
司法試験をめぐる環境は,ここ10年でずいぶん様変わりして,
今は法学部は人気ないんだよね。

けど,そこそこの人生経験を積んだ,
そこそこの年齢になってから目指す人も,必要だと思う。
今も一定数いると思うけど,新司法試験に変わった直後ほどには,
社会人からの新規参入組はいなくなったよね。

それなりの覚悟は必要だけど,その覚悟ができるのであれば,
法学部出身じゃなくても全然問題ないし,この道を目指してほしいと思う。
いろんな経験を経た,あなたにしかできない仕事があるから。
あなたの助けを待っている人が,きっといるから。
2015.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2170-dc94f3eb