茨城県牛久市の弁護士小室光子の記録です
その思いは,受験生を指導する立場にあったら,
(いろんな程度差はあるにせよ)当然の思いだと思う。

けどね,教え子を合格させたい,というのは,何のためなの?
指導する立場にある者として,その人が合格したら,
その人の人生の幸いにつながり,なおかつ社会のためにもなる,
その人の助けを待っている人が必ずいる!!と信じられるからじゃないの?


そういう意味で,今回の漏えい事件をものすごく残念に思う。
だって,誰も幸せにならないじゃない。

漏えいを受けた学生は,今回採点対象から除外され,
今後5年間は受験もできないんでしょ。じゃあ,
もし,誰も疑問に思わず,その学生が合格していたとしたら?
その本人は,もしかして,そんな1科目の漏えいなんかなくても,
十分合格できる実力があったかもしれないのに,
「私はズルして受かった」という負い目を一生負うんだよ。

今,弁護士の仕事をしている者として感想を述べるとすれば,
そんな過去があったら,そんな負い目を感じていたら,弁護士なんかできないよ。
弁護士の仕事なんて,本気でやるなら,そんな甘いもんじゃないよ。

って思う。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://micko.blog29.fc2.com/tb.php/2179-f4cc91ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック